クンニの女神がドMに微笑む☆理想の舐め犬飼い主様(4)


    クンニだけなら(絶対!)M男派♪という素敵な女性の皆様、おはようございます!昔っから、好きな子とセ○クスしたい!と思うのではなく、舐めさせていただきたい>_<って本能的に思ってしまう僕は、舐め犬としては合格?男としては失格!だと思います…。あっ、クンニM男犬しあんです^^

    大切にして書いてきた…Y様への初ご奉仕体験記。いよいよ今回で最終回となります!短い時間でのご奉仕でしたが、書きたいことが盛り沢山♪で、ひとつの記事としては長くなり過ぎました。ですから、2つに分けて、本日続けてアップさせていただきます。

    それでは、前回(→こちらの記事)の続きです!

    ☆☆☆☆☆

    ぺろぺろ…ぴちゃぴちゃ…

    (僕はこうしてY様にまたがれるためだけに生まれてきたのかもしれない…。)

    幸せのあまり、夢中に舌を動かし続ける僕に、顔にまたがっていらっしゃるY様から、ご指示をいただきました。そのまま舐め続けながら、胸も同時に刺激するようにと…。

    …舐め犬として、女性様のお胸を拝見したり、触らせていただくことは、滅多にありません!

    懸命に舌を動かし続けながら、僕は、畏れ多くもありがたく、形のよいY様の左右のお胸を、下から両手を伸ばし、触らせていただきました…

    Y様のお胸を下から包む僕の手のひらは、反対に、その柔らかくて気持ちいい♪感触に包まれます。

    硬さをまして突起した敏感な部分は、(刺激が強くなり過ぎないように気をつけながら)親指で下から上へと優しく弾くように刺激します。

    もちろん、この間も、舐め犬の僕は舌を動かし続けています…飼い主様のご指示なしに、舌を休めることはありませんっ!舌と両手に神経を集中させて、Y様の秘部とお胸を同時に刺激させていただきました。

    (Y様の…すごく、すごく美味しいです>_<)

    舐めながらY様のお股の下で顔を押し潰され、大きな興奮と深い幸せを感じていた僕は、伸ばした舌と、伸ばした両手を懸命に動かし続けます。

    ぴちゃぴちゃピチャピチャ…

    Y様のご反応を確かめながら、少しずつスピードをあげて、なるべくリズミカルに動かし続けます。

    「あっ♡…んっ…」

    感じてくださっているセクシーなY様のお声や、僕の顔に押し当てられるY様の腰の動きから、徐々に加速して一気に、Y様が頂上へ向かおうとしているのが、舐めている僕にも伝わってきました…

    (!!)

    Y様のお体に力が入り、「やばいっ…」というY様のお声が頭上で聞こえました…

    Y様が、僕の顔をまたぎながら♪絶頂に達してくださいました!>_<

    …秘部を濡らす愛液と唾液を優しく舐め取ろうとする、僕の舌から逃げるように、Y様が腰を浮かせました。

    ドMな舐め犬にとって、顔の真上で絶頂に達していただく喜びと幸せ が、いかに『かけがえのないもの』であるかということを、改めてY様に教えていただきました♪

    僕の肉体は、性的な刺激を一切与えられていないにもかかわらず、僕の中身は、満足感でいっぱいでした。

    …こうして、ソファで♪→立ったまま♡→顏にまたがる!というドMな舐め犬を一瞬で手なづける魔法のクンニアイテムを、3つ同時にご使用になられたY様。その強力な3つのアイテム全てが、ことごとく、ドMな僕に炸裂しました!

    ただ…やはり、その中でも、顔騎クンニは別格でしたっ!>_<

    ☆・☆・☆

    絶頂に達して、グッタリとベッドに倒れこんだY様のセクシーお背中を拝見し、僕は、すぐにでもご奉仕を再開したい!という衝動に駆られました…

    …その衝動をグッと>_<こらえ、僕は、Y様にお布団をお掛けしました。そして、テーブルにお茶を取りに行き、Y様にお渡ししました。

    顔面騎乗のクンニでは、体勢がキツくてイケない!という女性のかたも多いと思います。でも、Y様は、顔騎クンニでも全然問題なくイケる♪とおっしゃっていました。

    ドM男にとって、これほどありがたいことはありませんm(_ _)m

    …楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。Y様と二人でそう話していました。Y様は「今日、初めて会ったのにね♪」とおっしゃってくださいました。…たしかに、たったの2、3時間前に「はじめまして」のご挨拶をしたばかりですっ!

    あまりゆっくりしすぎると、帰らなくてはならない時間が迫ってきます!Y様と僕は、言葉に出さずとも、意見は一致していました。

    …ほぼ、休憩らしい休憩を取らないまま、最後に、本日3度目のご奉仕をさせていただくことになりました!!

    「何がしたい?」

    Y様が僕に聞いてくださいました。僕は、迷わず、お答えしました。

    「顔にまたがっていただきたいですっ!」

    仰向けに寝た僕をまたいだY様は、立ったまま僕を見下ろし、悪戯っぽい笑みを浮かべながら、こうおっしゃいました。

    「…ふふっ、ホント嬉しそうだね♪」

    (→こちらの記事に続きます)


    クンニ犬しあんへのメッセージは
    ↓↓↓
    ♡こちらから♡

    関連記事

    M男☆贅沢すぎる三種のクンニ!理想の舐め犬飼い主様(3)

    『クンニ好きの女性に悪い人はいない』…今は亡きじいちゃんの口癖でした。子犬の頃の夏休みの思い出。濃緑の山の向こうに広がる青い空と白い雲…

    ミィーン、ミンミンミンミーーン!

    田舎のじいちゃんちの庭に響き渡るセミの鳴き声。じいちゃんと二人で縁側に腰掛け、冷えたスイカをかじりながら、ぼくは東京とは違う景色を眺めていました。

    …ふと、じいちゃんがぼくに尋ねました。

    「なぁ、シアン、この世で一番えらい人は、誰じゃか知っとるか?」

    「うーん、神さまっ!」

    「ハハハ…神様も偉いけど、もっと偉い人がいるんじゃ。…それはな、シアン、舐め犬を可愛がってくださる女性様じゃ。」

    「神さまよりえらいの?」

    「そうじゃよ。…いいか、シアン、大人になったら、立派な舐め犬になれよ。女性に可愛がってもらえる舐め犬になるんだぞ』

    「うんっ!ぼく、なめ犬になる!それで、かわいがってもらうんだっ」

    (ミィーン、ミンミンミンミーン…)

    ☆・☆・☆

    クンニ好きの女性の皆様、こんにちはm(_ _)m 大人になった今でも、いつか世界はクンニ好きの女性達によって救われる!と信じている、ドMな舐め犬しあんです^^ 連休はいかがお過ごしですか?…僕は明日、仕事なんです>_<

    ブログにご奉仕日記を書かせていただくときに思うこと。それは、日記の登場人物である女性様が次を楽しみにしてくださり、それが何より嬉しい!ということです。それで、つい、力が入ってしまいます…^^;

    今回も、Y様への初ご奉仕体験記です。それでは、前回(→こちらの記事)の続きです!

    ☆☆☆☆☆

    僕のブログを見て「この子だ!」とピンときてくださったというY様。(すみません。私のが年下なのに…)とフォローしてくださいましたが、年下の女性からこんな風に言われると、逆に喜んでしまうドMな僕です!

    (…今は、Y様は僕に対して、普通にタメ口で話しかけてくださいます^^)

    そんなY様のお好きなクンニは、ソファで、立ちながら、そして「顔騎が一番好き☆」とのことでした。…き、奇遇ですっ!僕と全く一緒です!!ドMな舐め犬の大好物は、女性様に見下ろされながらするクンニです>_<

    …アロマオイルでのマッサージを終え、ベッドからソファに移動し、本日2度目のクンニご奉仕が始まりました。

    すでに一度絶頂に達してくださっているY様は、(お身体が敏感になっていらっしゃるのでしょうか♪)すぐに、気持ち良さそうな甘い吐息をもらしてくださいました!

    しばらくソファでのご奉仕を愉しまれた後、Y様は、スッとソファから立ち上がり、前にあるローテーブルの上に、片方のおみ足をお乗せになりました。

    (!!) 床にいる僕は、すぐさまY様の正面(真下)に座り直します。首を目一杯後ろに反らし、Y様の甘美な花園に下から舌を伸ばしました…

    ぺろぺろ…ぴちゃぴちゃ…

    「あっ…んっ…」

    (…Y様が僕を使って気持ちよくなってくださっている!)


    そんなドMならではの幸福感を味わいながら、Y様のお股の下から一生懸命舐めさせていただきました。

    …立ちクンニを楽しまれていたY様。しばらくすると、片手で僕の頭を押さえて僕を見下ろし、足がガクガクする♪と上から微笑んでくださいました!

    そこで、再びベッドに移動することになりました…

    ☆・☆・☆

    Y様へのご奉仕「第2幕」は、ソファで♪→立ったまま♡→顔に跨る!という本当に贅沢な流れになりました。こんな贅沢を体験してしまったら、キャビア→フォアグラ→トリュフなんて…霞んでしまい、よく見えませんっ!

    ドMなクンニ犬の僕にとって、ソファクンニ・立ちクンニ・顔騎クンニは、三種の神器ならぬ、三種のクンニなんですっ!!

    ☆・☆・☆

    ベッドに移動すると、Y様は、仰向けに寝るよう、僕にご指示くださいました。…ついに、この時がやってきました。ぼ、僕の顔を、Y様が跨いでくださいます!ゆ、ゆっくりと腰を落としてくださいます!

    下から見上げるその神々しい光景…。嬉しさで興奮状態の僕には、Y様の秘部に後光が差しているように見えます。

    …ま、眩しすぎて(嬉しすぎて)、大好きな景色が何も見えませんっ!>_<

    …顔面騎乗でのクンニご奉仕の際には、女性の大切な場所に歯が当たってしまわないよう、アゴを引くことを気を付けています。そして、アゴの方に舌を伸ばして出し、柔らかい舌のお腹の部分にクリ様が当たるよう、心掛けます。

    僕は、伸ばした舌を一生懸命、前後左右に動かしました。その動きに合わせて、Y様も腰を動かしてくだいます…

    「あんっ…んっ…」

    快楽に身を委ね、気持ちよさそうに甘い吐息を吐きながら…Y様は、僕の顔に秘部を擦りつけてくださいます>_<

    Y様の腰が前へと動くとき、僕の鼻はY様の秘部に包み込まれます…。愛液と唾液で濡れたY様の秘部…ぷっくりと柔らかくて、僕の鼻に吸い付くような感触に、クンニ犬として生まれてきた喜びを感じます…

    (…じいちゃん、お空から見てくれていますか?…僕は今、Y様に、快楽のための道具として使っていただいています!…>_<…)

    幸せのあまり、夢中に舌を動かし続ける僕に、顔にまたがっていらっしゃるY様から、ご指示をいただきました。そのまま舐め続けながら、胸も同時に刺激するようにと…。

    (続きます…)

    ☆☆☆☆☆

    こうして、体験記を書かせていただく際に、その日の出来事を改めて振り返ることができます。思い返してみると、この日、僕は、Y様の秘部に一切手を触れていません。

    愛おしいY様の秘部に触れることができたのは、僕の唇と、舌と、鼻だけです。…そのことを誇りに思う僕は、やっぱり、舐め「犬」なんですね!

    …あっ、言い忘れました!冒頭の夏休みの思い出、じいちゃんと僕の会話部分はフィクションです!(←そんなのわかってるよ!ってツッコまれそうですね 笑) 「本物の」じいちゃんは、すごく真っ当な人でした!^^

    女性様に舐め犬としてに使っていただく甘美な時間は、僕にとって、深い精神的快感を得られるだけでなく、少年の頃に感じたワクワクする感覚や甘酸っぱい感覚も同時に得ることができます!

    クンニ犬しあんへのメッセージは
    ↓↓↓
    ♡こちらから♡

    関連記事

    M男にクンニさせるのが好き♪理想の舐め犬飼い主様(2)

    挨拶程度のクンニもしない自己チューのイケメンを喜ばすよりも、従順に長時間舐め続ける変態なM男を使って気持ちよくなるほうが好き♪…と思ってくださる聖なる女性の皆様、こんにちは!クンニM男犬しあんです。昨日の東京は、清々しく気持ちのよい秋晴れでしたね^^

    「セ○クスよりもクンニが好き」しかも「M男に、あーして!こーして!って奉仕させるのが好き♪」…とおっしゃってくださるY様に使っていただきました。そのときのご奉仕日記を、前回から書かせていただいています。それでは、前回(→こちらの記事)の続きです!

    ☆☆☆☆☆

    Y様からのご指示に従い、僕は、Y様の内ももに、下から上へとゆっくり舌を這わせました。最終目的地は、Y様の秘密の花園です!舌で感じるY様の内ももは、柔らかくて…少しひんやりしていて…つるつるスベスベした感触でした。

    徐々に上にあがってくる僕の頭の動きに合わせて、Y様は、少しずつおみ脚を開いてくださいました。そういえば…、

    …生理が終わっていないことを心配してくださっていたY様ですが、シャワーからお戻りになられると、「(大切な場所には)何も付けてない(入れてない?)けど、大丈夫?」と再確認してくださいました。僕は、もちろん、「はいっ!」(←なぜか嬉しいそう…笑)とお答えしました。

    ☆・☆・☆

    そして、ついに…。冒険を続けていた僕は、捲りあげられたガウンのその奥、Y様の花園にたどり着きました!

    …目の前にある、その魅惑的で甘美なお花に、僕は吸い寄せられずには入られませんでした。ドMな冒険家の僕は、Y様の高貴で神聖な場所にご奉仕させていただくありがたみを感じつつ、左右の脚の付け根から少しずつ中心に向かって、丁寧に大切に舐めさせていただきました。

    Y様は、イクかイカないかを彷徨ってるのが一番好きだとおっしゃっていました。ですから、すぐにイッてしまうのはもったいないとのことで、時折、舌の動きをゆっくりにするようご指示くださいました。

    僕は、Y様のお身体の反応に意識を集中させて、感じてくださっているY様の声のトーン、発するお言葉に耳を澄ませて、舐めさせていただきました。

    ぺろぺろ…ぴちゃぴちゃ…。れろれろ…クチュクチュ…

    頭の上に聴こえる(会話の時とはまた違う)しっとりと色っぽいY様のお声が、可愛らしくて素敵に感じました。

    「…美味しい?」

    「はいっ!Y様のすごく美味しいです…」

    「ふふ、可愛い♪」

    …たったの二言三言ですが、ドMな舐め犬にとって、これ以上幸せな会話があるでしょうか?笑

    ご奉仕の途中、Y様の秘部を舐めながら自分のモノを慰めるよう、ご命令いただきました。Y様と僕の身分の違いを感じて、僕の中のM心が刺激されます…。Y様は、M男の扱いがお上手です。

    そして、僕は、メイドインジャパンの舐め犬兼便器です!最新のビデ機能も搭載されています。Y様の蜜壺の中に舌を伸ばして挿し入れ、かすかに聖血の味が残るY様の愛液を綺麗に舐め取らせていただきました!

    ☆・☆・☆

    僕は、快楽のための道具・クンニペットとして、Y様に気持ちよくなっていただくため、ご奉仕に集中します…

    舌の力を抜き、唾液を沢山だして、クリ様を上下左右に舌のお腹で擦るように舐めたり…。クリ様を優しくフェラチオさせていただくつもりで、軽く吸いながら舌先で刺激しつつ、小刻みに自分の頭を動かしてみたり…。

    クリ様だけでなく、濡れた蜜壺の入り口付近も…充血してぷっくりと厚みを増した花びらも…その感触を確かめながら舌や唇を使って愛撫させていただきました。

    「もっと…いっぱい舐めて♡」

    ピチャピチャと舐めている自分の音でよく聞こえませんでしたが、たしか、このようなことをY様がおっしゃってくださいました。それを僕はY様からの合図だと理解して、舌を動かすスピードをあげました…

    ぴちゃぴちゃレロレロ…。れろれろピチャピチャ…

    「…あっ…イキそっ…。」

    ぴちゃぴちゃピチャピチャ…

    「…んっ」

    …。

    (!!)

    …。

    (…ペロッ)

    「あっ、ダメっ…」

    Y様はそう言うと同時に、舐め続けようとする僕の頭を引き離しました。

    「ヤバイ…。」

    そうおっしゃりながら、Y様はグッタリとソファの上に覆いかぶさるように倒れ込みました。

    …クンニの神様、ありがとうございます!Y様が絶頂に達してくださいました>_<

    ☆・☆・☆

    …Y様はイッた直後はすごく敏感になるとのことで、休憩を挟まないと続けられないとおっしゃっていました。そこで、少し休憩を挟むことにしました。

    この休憩タイムは、あくまでY様のための時間であって、舐め犬である僕のための休憩時間ではありませんっ!…僕は、持参したグレープフルーツエッセンスのアロマオイルをバッグから取り出し、Y様にマッサージで寛いでいただくことにしました。

    上半身が特にお疲れということで、ベッドでうつ伏せになっていただき、マッサージをさせていただきました。ウエストが引き締まっていて、均整のとれたY様の美しいお身体を拝見し、僕はウットリしてしまいました。

    (続きます…)

    クンニ犬しあんへのメッセージは
    ↓↓↓
    ♡こちらから♡

    関連記事

    クンニペット・オナニー玩具が…理想の舐め犬飼い主様(1)

    M男とクンニは嫌いじゃない、むしろ、好きだよ♪と思ってくださる貴重な女性の皆様、こんばんは!クンニM男犬しあんです。キンモクセイが香る季節がまたやってきましたね…。秋を感じる僕の好きな香りです。

    忙しくて、しばらくの間ブログをお休みさせていただき、その間は、過去に僕を使ってくださった方にだけ、数回ご奉仕させていただきました。そのお休みを経て、ブログ再開後、クンニ犬にも、新たに素敵な出会いがありました♪

    ブログを通じて、30代前半のY様からメッセージをいただきました。Y様は、従順な舐め犬を探して、僕のブログにたどり着いてくださったとのことでした!

    SMの世界から舐め犬にたどり着いた僕ですが、Y様とは、お互いの嗜好や希望がとても合うと感じています…

    今回書かせていただく舐め犬体験の後、Y様からはメールで、またすぐに使いたい!とおっしゃっていただきました(次回は、シャワーを浴びずにお掃除クンニをさせていただけるかもしれません>_<)。

    大変ありがたいことに、Y様も僕を気に入ってくださり、今後、定期的に可愛がってくださるそうです。

    もともと僕は、同時期に沢山の方にご奉仕できるタイプではありません…。ましてや、あまり暇なほうではない僕のことです。再開したばかりのブログですが、更新がまた疎かになってしまう気がしています…ブログを読んでくださる皆様には、このことをあらかじめお伝えさせていただきますm(_ _)m

    それでは、Y様への舐め犬体験記です!お読みくださる方のことを考え、できるだけコンパクトに書きたいと思っております。

    ☆☆☆☆☆

    メッセージでは「(SでもMでも)相手次第でどちらでも」にチェックしてくださったY様ですが、クンニがお好きで「クンニペット・オナニー玩具が一番の理想です!」と書き添えてくださいました。

    …ド、ドMなクンニ犬の僕にとって、ま、まさに理想の女性様、いえ、舐め犬飼い主様ですっ!

    メールでお話をさせていただいたY様の印象は、明るくてサバサバしたご性格の方で、また、文面からは、思いやりや優しさも伝わってきました。何でも話せる「親友」と呼べるお友達さまが多い魅力的な女性さまです。

    しかも、ドMな舐め犬の僕の話を楽しんでいらっしゃるご様子まで伝わってきて、とても楽しくお話をさせていただきました。

    メールのやり取りを通じて、是非、Y様にご奉仕させていただきたい!という気持ちが大きくなりました。大変ありがたいことに、Y様も早く舐めさせたい!というお気持ちになってくださり、話はトントン拍子に進みました。

    …お互いに日程調整をして、お会いさせていただく日にちが決まりました。その後、Y様は、予定よりも早く生理が来てしまい、お会いする日には、まだ生理が終わっていないことを伝えてくださいました。

    生理中に使われることも平気なドMなクンニ犬の僕です!恥ずかしながら、過去にタ◯ポンの交換を命じられた経験があることをお伝えすると…、「タ◯ポンの交換www」という感じで爆笑?してくださり、安心して予定通り使っていただくことになりました!

    ☆・☆・☆

    お仕事帰りに、待ち合わせ場所にいらしたY様は、想像通り、お綺麗で素敵なかたでした!

    舐め犬を使う女性は男性にモテない地味な人だと勘違いされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

    …と、とんでもございません!
    僕自身、人様をどうこう言える立場にはありませんが、これだけは言わせてください…

    (このことはホテルでY様ともお話したのですが)僕の数少ない経験から言わせていただくと、舐め犬を(少なくともドMな僕を)使ってくださる方は、男性には全く苦労されていない、しかも、明るくてモテるタイプの女性の方が多いです!

    そんな方が、ただ、(憐れな)舐め犬を(慈悲の気持ちを持って?)使ってくださり、普段はできないことを楽しんでくださっているのではないでしょうか…^^; 女性の方は美意識の高い方が多いので、ご自身への評価が厳しすぎますっ!と思うこともよくあります。

    …あっ、話が逸れてしまいそうなので、ここら辺で元に戻しますね!

    待ち合わせ場所では、お互いに初めて顔合わせをします。ドキドキしながら「僕で大丈夫ですか?」とお伺いすると、Y様は間髪入れずに「全く問題ないです!」とおっしゃってくださいました>_<

    年下のY様は、いたって普通の僕に対して、「爽やかなお兄さんが来て、ビックリした!」とおっしゃってくださいました。…Y様は、もっと地味ぃ〜な人が来ると想像していたそうです。僕も十分地味だと思いますので、たぶん、ドMでヘンタイな舐め犬ですから、ハードルを思いっきり下げてくれていたのだと思います!^^

    お互いに、少しばかり恥ずかしさを感じつつ、お話をさせていただきながら、あらかじめ調べておいた綺麗めのホテルに二人で向かいました…

    ☆・☆・☆

    Y様とは、すでにメールでお互いに打ち解けていました。ホテルに入ると、予めコンビニで調達しておいたお菓子などを召し上がっていただきながら、ディープなお話を楽しみました。

    話がひと段落ついたところで、Y様はシャワーに向かわれました。シャワー前のお掃除クンニは、次回以降にとっておく約束になっています!僕は、シャワーに嫉妬しつつ…、大人しくお部屋でY様のお帰りをお待ちしました。

    …お部屋に戻られ、ソファにお座りになったY様から、足舐め奉仕のご指示をいただきました。左右のおみ足を片方ずつ丁寧に舐めさせていただきました。Y様は、足の裏や足の指で、僕の舌の感触を気持ちよく感じてくださっているご様子です。僕は嬉しく思いました。

    女性らしく可愛らしいY様のおみ足を美味しそうに舐めている僕に、Y様は、少しずつ上へあがってくるようにとご指示くださいました。左右のおみ脚の内側にゆっくり舌を這わせながら、僕の口は徐々に上へと向かっていきます…

    (続きます…)

    クンニ犬しあんへのメッセージは
    ↓↓↓
    ♡こちらから♡

    関連記事

    みっとも恥ずかしいM男

    クンニ好きの女性の皆様、こんばんは!ふとした瞬間に見せる女性の厳しさや残酷さにゾクゾクしてしまう、クンニM男犬しあんです。…いくつになっても男性は、女性からカッコよく見られたいという気持ちを持ち続けている人が多いのではないでしょうか。

    ドMなクンニ犬の僕でも、まだまだケツが青かった頃を思い出すと心当たりがあります。お付き合いしていた女性や女友達、女性の先輩から「可愛いね♪」(←ルックスではなく、仕草や表情についてです!)と言われると、こそばゆい感じがしました。可愛いと思われるより、カッコいいと思われたい気持ちがあったのでしょう…

    それが今ではどうでしょうか…

    年下の女性の股間に顔をうずめて、太ももで顔を挟まれ、無様な表情で何時間もクンニご奉仕を続ける。女性様は、そんな情けない僕を見下ろし、髪の毛を掴みながら「可愛い…(笑)」とおっしゃってくださる。そして僕は、そのお言葉に心から感謝しつつ、ひたすら舌を動かし続ける…。

    素敵な女性様のおかげで、すっかり立派なおと…、いえ、立派な変態に成長できました…

    クンニ犬しあんへのメッセージは
    ↓↓↓
    ♡こちらから♡

    関連記事
    全ブログ記事表示

    全ての記事を表示する

    ブログカテゴリ
    M男プロフィール

    しあん

    Author:しあん
    はじめまして、しあんと申します。
    当ブログにご来訪いただき、誠にありがとうございます。

    女性の言いなりになって、長時間クンニ奉仕をさせて頂くことで喜びと興奮を覚える都内在住のM男です。挿入することが目的の普通のHには全く興味がありません。女性にイジメられ、服従することにさえ、喜びを感じてしまうドMでもあります。

    女性の欲求やお仕事で溜まるストレス解消のため、クンニペット・オナニー玩具・クンニ奴隷として使っていただきたい…そう望んでいます。恋人や夫婦のような対等な関係ではなく、女尊男卑・女性上位な関係で献身的にクンニご奉仕をするのが大好きです。

    ブログを通じて、クンニ犬を使うことにご興味をお持ちの女性の方、クンニ好きでSっ気のある女性様と交流できたら幸いです^^ お気軽にコメントやメッセージを頂けたら、大変うれしく思いますm(_ _)m

    クンニ犬へのコンタクト
    クンニ好きの女性様からのメッセージを心よりお待ちしておりますm(_ _)m ブログのご感想やしあんへのご質問なども受け付けております!
    最新ブログ記事
    お好きなクンニに1票を!
    クンニはどれも好き!でも、あえてひとつを選ぶなら…
    最新コメント
    タグ

    M男 舐め犬 クンニ奉仕 愛液 おしっこ 女性の玩具 フェチ 人間便器 お掃除クンニ アナル舐め奉仕 ご夫婦カップル様 マッサージ 顔面騎乗クンニ クンニ画像 アロママッサージ 足舐め奉仕 立ちクンニ SとM 尿道口クンニ 映画 クンニアンケート 女性向け動画 

    女性向け無料動画サイト & M男さんブログなど:リンク
    総合サイトリンク
    下記サイト様より画像素材をお借りしております
    防腐剤(フリー写真素材)
    月別アーカイブ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    クンニ犬へのコンタクト
    クンニ好きの女性様からのメッセージを心よりお待ちしておりますm(_ _)m ブログのご感想やしあんへのご質問なども受け付けております!