スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    真夏のご奉仕(2)舐め犬のおみ足アロママッサージ

    男女平等を目指す社会は、時代遅れですっ!これからの時代は、女性上位の社会を目指さなければなりませんっ!世の中に、S女性様を増やし、人権の尊重ではなく、ご奉仕犬の尊重を!

    …と、街頭で熱を込めて演説してみたものの、犬は立候補できないそうです…涙。こんばんわ、しあんです(._.)

    早速ですが、前回の続きからです。
    年下Kさんとのクンニご奉仕【M男舐め犬】体験記(一覧)
    ☆☆☆☆☆

    舌を使ったおみ足のお掃除が終わると、アロママッサージオイルを使い、足裏と、足首からふくらはぎにかけて、マッサージをして差し上げるのが、この頃の定番となっていました。

    おみ足へのマッサージは、毎回、両足合わせて30分くらいのものでした。Kさんと僕にとって、おみ足のマッサージは、足舐めご奉仕と同じく、クンニご奉仕の前の前戯のようなものでした。

    「足の裏から始めます」

    うん、お願い♪

    マッサージオイルを手に取り、両手でこすり合わせるようにします。こうすることで、オイルが温まり、僕の手にもオイルが馴染みます。

    それから、Kさんの足の裏全体ににオイルを塗ります。乾燥しやすい踵には、少し多めに塗り込みます。

    親指の腹や、ひと指の関節の骨を使い、踵、土踏まず、足の親指の付け根など足裏全体を、強めの力で指圧していきます。

    もっと強くして大丈夫だよ

    「はい。これくらいですか?」

    うん、そう、気持ちいい…

    足の裏が疲れやすいKさんは、英国式の優しいマッサージよりも、中国式の力強い足つぼマッサージのほうが好きだとおっしゃっていました。結構、力を込めるので、短い時間でも、僕はうっすらと額に汗をかきました。

    足の指も、一本一本、親指と人差し指で握るように指圧して、マッサージを行います。足の甲、踵のアキレス腱近辺は、力を入れすぎないように注意して指圧します。


    足裏が終わると、次は、足首からふくらはぎにかけてのマッサージです。

    最初に、膝裏の下あたりを軽く押し込むようにして刺激します。ここは、リンパが集中しているところです。

    膝裏のリンパを刺激した後、足首から、ふくらはぎ、そして膝裏の方向に向けて、手のひら全体を使って、押しながら流すようにしてマッサージします。足に溜まった疲労物質や老廃物を膝裏のリンパに流し込むイメージです。

    ぁ〜気持ちいい♪

    マッサージの合間に、Kさんは幸せそうな表情で、よくそうおっしゃってくださいました。

    押して流すだけでなく、絞るようにしてマッサージします。足のむくみを和らげる効果があるそうです。

    それから、すねの外側に沿って付いている筋肉を親指を使って、指圧します。ヒールを履くことの多い女性は、この筋肉が伸ばしっぱなしになっているので、疲れが溜まりやすいのかもしれません。

    すねの内側は、強い力で押すと痛いので、適度な力で指圧していきます。ここの指圧を、Kさんはいつも「いた気持ちいい」とおっしゃっていました。

    最後に、膝小僧のあたりを指圧します。

    「終わりました!」

    ありがと、気持ちよかった♪ 少し細くなった気がする(笑)

    そんな風に笑顔で言われ、とても嬉しい気持ちになったことを覚えています。

    僕のマッサージは、マッサージ屋さんの技を見よう見まねで覚えだけのものです。そんなド素人のマッサージでも、少しずつ、Kさんの好みを覚えて改良していく内に、それなりのものになった気がします。

    ドMな僕は、マッサージをさせていただいている間、女主人に奴隷としてお仕えしている気持ちになっていました。

    マッサージを受けていたKさんには、僕がそのようなドMな妄想を膨らませていたとは、思いも寄らなかったはずです…笑

    ☆☆☆☆☆

    この頃、Kさんとお会いする時は、アロママッサージオイルを持参していました。

    マッサージオイルは、肌に直接つけるものなので、人工的に香りを付けているものは使わないようにしていました。100%天然植物から抽出したアロマオイルが使用されているものを選んでいました。

    皆様は、どのような香りがお好みですか?

    Kさんは、爽やかな甘い柑橘系の香りがお好みでした。僕もマッサージをさせていただきながら、その甘く爽やかな香りに癒されていました。

    アロマの香りには、それぞれに効能があると言われています。

    ローズマリーは頭痛を緩和したり、ラベンダーはリラックス効果があったり、イランイランは性的興奮を高めたり…。でも、クンニ犬にとって一番の香りは、ご主人様の香りです!

    (➡︎真夏のご奉仕(3)へ)

    しあんにご興味をお持ちの女性様は
    ♥︎こちらから♥︎

    メッセージお待ちしております!

    関連記事

    テーマ : フェチ
    ジャンル : アダルト

    真夏のご奉仕(1)ご主人様の味と香りを感じる季節

    皆様、こんばんわ^^しあんです。

    ありがたいことに、またメッセージをいただきました!今度は、S女性様からの素敵な応援のメッセージでした!本当にありがとうございます>_<

    メッセージを拝見し、秘めた性癖を包み隠さず共有できるお相手との時間は、とても貴重で素敵なものだと改めて思いました。また、その秘めた性癖が特殊な僕にとっては、この性癖を理解してくださる女性様は、とても貴重で有難い存在だと改めて思いました^^

    今後とも、このドMで変態なブログを、暇つぶしにでも使っていただけると嬉しく思いますm(_ _)m

    …それでは、今回から、Kさんとの真夏の思い出についてお話しさせていただきます。
    年下Kさんとのクンニご奉仕【M男舐め犬】体験記(一覧)
    ☆☆☆☆☆

    Kさんとお会いするのは、いつも、お互いが休みで、ゆっくりと時間が取れる日でした。だいたい、お昼の2時〜3時頃にホテルに入り、5〜6時間お供させていただくことが多かったです。

    お昼の2時頃といえば、一日のうちでもっとも気温が上がる時間帯です。特に真夏のその時間帯は、グッタリするほど蒸し暑く、湿った暑い空気が、ねっとりと身体にまとわりつく感じがしますね…

    真夏に入るラブホテルの部屋は、日光ではなく、照明の灯りに照らされていて、密閉されて冷房がよく効いています。外の世界とのギャップをとても感じます。

    昼間のラブホテルは、なんとなく異世界(不思議の国?)に迷い込んだ感覚にさせてくれます。ましてや、Kさんの前では、普段の自分とは違う、ドMなご奉仕犬になることができましたので…笑
    木のトンネル(サイト“防腐剤”様より)
    ↑不思議の国の入口(イメージ写真)

    部屋に入ると、まず僕は、備え付けの冷蔵庫から、冷えたお茶を取り出し、Kさんにお渡しし、自分もミネラルウォーターで喉を潤すことが多かったです。

    いつも通り、Kさんはソファに座り、僕はその前の床に座り、しばらくの間、会話を楽しみます。頃合いをみて、僕は、洗面所に向かい歯を磨き、急いでシャワーを浴びます。そして、元通り服を着て、また部屋へと戻ってきます。

    僕に会う前に、買い物で街をぶらぶらされたKさんは、外の暑さによって、グッタリされているご様子で、ソファにもたれかかるように座っていました。

    今日はいっぱい汗かいたよ…

    そうおっしゃりながらKさんは、片方の腕を上げ、惜しげもなく僕に脇の下を見せてくださいました。…この頃には、Kさんの僕に対する乙女の恥じらいは、ほぼ皆無でした…^^;

    嗅ぎたい?

    「はいっ」

    僕は、Kさんのお側で膝立ちになり、脇の下に鼻を近づけます…。耳元から香水の甘い香りの漂う中、(いつも通り)微かに汗の匂いがするだけでした。

    匂う?

    「いえ、匂いません…」

    残念だったね(笑)

    ご主人様の香りが大好きな僕を、からかうかのように、Kさんがそうおっしゃいました。

    ベタベタするから、綺麗にして

    「はいっ」

    僕は、Kさんの脇にゆっくりと舌を這わせて、汗を舐め取らせていただきました。微かにしょっぱい汗の味も美味しく感じました。

    …初めて脇の下を舐めさせていただいた時には「くすぐったい♪」と少し照れたようにおっしゃっていたKさんですが、照れがなくなってからは、気持ちいいとおっしゃってくださるようになりました。


    はい、次は足ね。歩いて疲れたから、しっかり舐めてね♪

    「はいっ」

    脇の下の次は、おみ足へのご奉仕です。僕は、Kさんの片方の足を両手で丁寧に持ち上げます。

    足の裏の指の下あたり、ヒールで少し皮膚が厚くなった部分を、皮膚を柔らかくするつもりで丁寧に舐めます。汗のしょっぱい味を感じとることができ、お掃除させていただく喜びを感じます…

    足の指の付け根を舐める僕の鼻には、Kさんの足の指が当たります。この屈辱感に興奮してしまいます。普段はほとんど匂わないKさんでも、ほのかな香りを感じとることができる日もありました。

    足へのご奉仕の最中、毎回、Kさんは、タバコを吸いながら、寛いでいらっしゃいました。その足もとで、僕は、口を使っておみ足のお掃除を続けます。

    足の裏の土踏まずや踵は、舌全体を使って、舌の感触を感じていただけるように、舌に力を入れて舐めます…

    足の指は、一本ずつ口に含み、舌を絡めたり、歯が当たってしまわないように注意しながら、唇でマッサージするようにハムハムします…

    足の指の間は、汗や汚れを綺麗に舐めとらせていただくつもりで、舌を挿し入れて丁寧に舐めます…

    幸せそうに舐めるね…笑

    跪いて足を舐める僕を見て、Kさんがよくそうおっしゃってくれました。気持ちが顔に出ていたのだと思います 笑。我ながらドマゾだと思います…

    つま先を露出する季節のKさんの足には、ペディキュアが塗られていて、いつも以上に美しく感じたことを覚えています!

    (➡︎真夏のご奉仕(2)へ)

    しあんにご興味をお持ちの女性様は
    ♥︎こちらから♥︎

    メッセージお待ちしております!

    関連記事

    テーマ : フェチ
    ジャンル : アダルト

    次回からは季節はずれの思い出を…

    ネット上に無数にあるサイトの中から、当ブログを見つけてくださり、ありがとうございます。
    こんばんわ。しあんです。

    ブログを始めてから、まだ2ヶ月も経っていませんが、おかげさまで、徐々にアクセスしていただく方が増えてきているようです。こちらのブログのアクセスランキングの順位も、徐々にではありますが、上がってきました。

    このような、ひっそりと続けているブログを見つけてくださり、そして、お読みいただき、とてもうれしく思います。
    ☆☆☆☆☆

    これまで、Kさんとの体験記として、特に印象深かった二つのエピソードを書かせていただきました。
    年下Kさんとのクンニご奉仕【M男舐め犬】体験記(一覧)

    それをお読みいただいた女性様より、メッセージフォームからご感想をいただきました!僕の稚拙な文章で書かれた、ドM要素・変態要素満載の体験談であるにもかかわらず、楽しんでいただけたことを何よりうれしく思います。本当にありがとうございましたm(_ _)m

    そこで、いただいたリクエストにお応えして、次回から、Kさんとの別のエピソードについて書かせていただこうと思っております。

    以前に書きました通り、Kさんとの関係は、ご奉仕犬と飼い主様との関係といえるものでした(もともとご奉仕として出会ったわけではありませんが…)。彼女とのクンニだけの関係は、約1年半続けさせていただきました。お会いするのは、月1程度のペースでしたが、それでも、結構な回数のご奉仕をさせていただきました。

    Kさんにご奉仕させていただいた経験は、僕にとって、どれも甘美な思い出です。もっとも、それらの思い出を体験記としてここに書いても、同じような内容になってしまいます。ですから、その中でも、特に記憶に残っているエピソードについてだけ、書かせていただきました。


    次回から書かせてもらうエピソードは、(季節はずれですが、)夏の日のご奉仕の思い出です。
    ひまわり(サイト“防腐剤”様より)
    Kさんが僕をクンニ犬として使うのにもすっかり慣れた頃のご奉仕がどんなだったかをお伝えできたら幸いです。

    僕の体験談が、僕の知らないどこかで、知らない女性の方々にお読みいただいていると思うと、とても嬉しくもあり、とても恥ずかしくもあります。また、不思議な感じもします…

    今後は、忙しくなりますので、更新間隔が空いてしまうことをご了承ください。コメントやメッセージは、いつでもお待ちしております!

    それでは、次回以降も、またお付き合いくださいますようお願い申し上げます。

    (➡︎真夏のご奉仕(1)へ)

    しあんにご興味をお持ちの女性様は
    ♥︎こちらから♥︎

    メッセージお待ちしております!

    関連記事

    テーマ : フェチ
    ジャンル : アダルト

    してあげるクンニ・させていただくクンニ

    同じクンニでも、「してあげるクンニ」と「させていただくクンニ」とがあると思います。

    女性の皆様からすれば、「してもらうクンニ」と「させてあげるクンニ」ということになります。行為としては全く同じでも、精神的に違いがあると思います。

    皆様は、どちらのクンニのほうが、精神的に興奮しますか?

    …たぶん、女性の多くは「クンニはしてもらうもの」と思っているのではないでしょうか?

    もっとも、クンニされる側の女性からすれば、気持ちよければどっちでもいいわっ!とツッコまれてしまいそうです^^;

    クンニする側の僕は、肉体的な快感を得るわけではないので、精神的な快感を大切にしています。

    僕の場合、自分の性癖の方程式から簡単に答えが出ます。

    私はクンニが大好きです + 私はM男です = 私は「させていただくクンニ」が大好きです。

    こんな感じです^^;
    残念ながら、試験で聞かれることはありません…

    その応用形として、もうひとつの僕の方程式も使ってみます。

    私はクンニが大好きです + 私はドMです = 私は「無理やりさせられるクンニ」も大好きです。

    こちらも、たぶん試験には出ないと思います…


    M男な僕にとって、クンニは「してあげるもの」ではなく「させていただくもの」です。ご主人様にクンニさせていただく有り難みを感じながらご奉仕することに喜びを感じます。

    たとえ理不尽でも、ご主人様との間で成り立つ主従関係・上下関係が、M男な僕の精神的快感を高めてくれます。

    しあんへのメッセージは
    ↓↓↓
    ◆こちらから◆
    お気軽にお声をかけてください^^

    ☆☆☆☆☆
    クンニ犬に興味をお持ちの女性の方へ
    ➡︎クンニM男犬しあんのブログにようこそ♪
    ➡︎クンニM男犬しあんの自己紹介
    ➡︎クンニ犬から飼い主様へのお約束
    ※各記事は1〜2分程度でお読みいただけます
    ☆☆☆☆☆

    【➡︎トップページへ】

    関連記事

    テーマ : フェチ
    ジャンル : アダルト

    商品番号9246「ご奉仕犬シアン」

    テレビ(サイト“防腐剤”様より)
    さぁ、今日も始まりました♪

    S女子の、S女子による、S女子のためのTVショッピング、“S女'sショップ”のお時間です!こんばんわ!新人アナウンサーの多々木 宇理子です^^

    本日、ご紹介するのは、ワガママ♪な女性にピッタリの商品、「ご奉仕犬シアン」です。それでは早速、カリスマ舐め犬ブリーダーの湖子名メロさんからご紹介していただきます!

    ☆・☆・☆
    皆様、はじめまして。湖子名です。

    日々、お仕事や家事に追われ、お忙しい女性の皆様は、「ペットを飼う余裕なんかない…」そう思っていらっしゃいませんか?

    今日ご紹介する「シアン」という商品は、初めて犬を飼われる方にも、また、忙しくて世話をする時間がない方にも、安心して飼っていただける室内クンニ犬です。

    私が厳しく育てた、限定1匹の商品です。それでは、「ご奉仕犬シアン」の特徴を説明いたします。

    まず、この犬は、エサ代がかかりません。

    この犬のエサは、飼い主様となる貴女の愛液だけです。元気がないようにみえる時は、オシッコでも与えてやってください。すぐに元気になります。

    次に、この犬の遊ばせ方ですが、非常に簡単です。

    貴女の体のお好きなところを、犬に舐めさせてください。飽きもせずに、バカみたいに何時間でも舐め続けます。また、貴女の匂いを嗅がせやってください。お尻を振って喜びます。

    「そうは言っても手間がかかるんでしょ?」と思っている方もいらっしゃるはずです。

    ご安心ください。この犬のトイレの躾けは、すでに済ませてあります。放っておいても自分でトイレにいきます。また、散歩に連れて行く必要もありません。他の犬と違い、首輪も喜んで付けます。

    さらに、「お座り、お手、伏せ、待て」などの基本的な芸は、既に教え込んであります。ですから、貴女の好きなように、さらなる芸を仕込むことが可能です。

    健康で丈夫な犬ですので、厳しい躾けも問題ありません。

    貴女のご気分次第で、ビンタ、踏みつけなど、多少の体罰をしても全く問題ありません。ただし、かえって喜ぶ場合がありますのでご注意ください。

    最後に、飼うのをやめたいときはどうすればいいのか、その点について説明いたします。

    そのような場合は、どうぞご自由に、そこら辺に捨ててください。保健所に連絡する必要は一切ありません。

    …私からの説明は、以上です。
    ☆・☆・☆

    湖子名さん、ありがとうございました♪

    なんだか、説明を聞いていたワンちゃんが、悲しそうな顔をしているように見えたのは、わたしだけでしょうか?

    まっ、気のせいということで^^

    それでは、肝心のお値段についてです!
    “犬だから、それなりにお高いんでしょ?”今、そう思われたソコのアナタ!ご心配はいりませんっ

    な、なんと、タダです!もちろん、送料もこちらが負担いたします。

    今回の商品ですが、放送開始直後から大変多くのお電話を頂戴しております。今のところ、その大半が苦情のお電話です。「こんな放送禁止商品を紹介するな!」とお叱りを受けております^^;

    ですからまだ間に合います!先着1名様です!

    お問い合わせの際には、商品番号「9246」とお伝えください。クンニしろ!と覚えてくださいね♪

    それでは、皆様からのお問い合わせをお待ちしております!

    奉仕犬しあんにご興味をお持ちの方は
    ◆こちらから◆
    お問い合わせお待ちしています!

    【➡︎トップページへ】

    テーマ : フェチ
    ジャンル : アダルト

    聖水初体験記(終)ご主人様のオシッコさえも!-お仕えする喜び-

    初めて聖水をいただいた時の体験談Part3です。今回で、僕の聖水初体験記は最終回となります。

    年下Kさんとのクンニご奉仕【M男舐め犬】体験記(一覧)

    ☆☆初めての聖水(おしっこ)(終)☆☆

    …僕は半分溺れながらも、なんとか零さずにKさんのオシッコを全て飲み干すことができました。

    顔面騎乗の体勢で僕の口にオシッコを出し終えたKさんが、僕を見下ろしながらおっしゃいました。

    ぁースッキリした♪
    いっぱい出たね(照笑)。 こぼさなかった?

    「はいっ」

    あーぁ…ホントに飲んじゃったね…笑

    「…。はい…」

    僕は、Kさんのそのお言葉を聞き、超えてはならない一線を越えてしまったように感じました。軽い自己嫌悪を抱きました…

    綺麗にしてもらおっかな?

    「はいっ!」

    僕は、Kさんのオシッコの付いた秘部を舌でお掃除します。

    ピチャピチャ…ぺろぺろ…

    僕は、オシッコをいただいている瞬間も好きですが、飲み干した後にお掃除をさせていただく時間は、もっと好きでした!

    (あー、僕は今、この方にお仕えしているんだ…。使っていただいているんだぁ…)

    そう実感することができます。この瞬間、まさに、ご主人様にお仕えしている喜びを感じるのです>_<

    綺麗になった?

    「はい」

    ふふっ、トイレに行かなくて済むのがいいね

    Kさんは、股の下にいる僕を見下ろし、微笑みながら、そうおっしゃってくださいました…

    (ありがたきお言葉です!)

    そして、彼女は、僕の顔にまたがったまま、不意に後ろを振り返り、視線を下に落としました。(…僕の息子の様子を確認しています。)

    そして、僕の股間を見た後、僕に向かっておっしゃいました。

    大っきくなってるよ…笑。オシッコ飲まされて興奮したんだ、ホント変態だね(笑)

    「…。」

    Kさんは、ドMな僕をもてあそぶかのように、そうおっしゃいました。そして、

    …私も興奮したよ

    さらっと、そう付け加えました。

    …僕は、オシッコ後のお掃除をしている時、Kさんの秘部から、明らかにオシッコとは違う、ヌルッとした液体が溢れ出ていることに気づいていました…

    僕にオシッコを飲ませる行為にKさんも興奮してくれていたのだと思います。そのことが、何より嬉しかったです!

    ☆ ☆ ☆

    以上が、ほろ苦くも、甘酸っぱい?、僕の聖水初体験です。

    オシッコをいただいている最中は、零さず飲み干すことに必死で、余裕がありませんでした。飲み干した後、ふと、我に返り、罪悪感、背徳感、そして、自己嫌悪という感情が湧いてきました。でも、最後には、満足感、幸福感が訪れてきました…

    様々な感情が入り乱れた中、はっきりと気付いたことがあります。

    僕は、ご主人様からオシッコをいただくことに興奮し、喜びを感じるドMだということです^^;ご主人様のオシッコでさえもありがたく感じます。

    (終)

    ☆☆☆☆☆

    最後までお付き合い下さった女性の方へ

    どうか、オシッコまで飲んでしまうドMなクンニ犬を許してやってください…

    僕は思います…

    便器替わりになれるクンニ犬は、地球に優しい存在です。
    木と空(サイト“防腐剤”様より)

    トイレのように、無駄に水を流す必要はありません…トイレットペーパーを使う必要もありません…大切な資源の無駄遣いがなくなります…

    ですから、これを読んでいただいている女性の皆様にお願いがございます!

    美しい地球のために、そして、未来の子供達のために、便器替わりに使ってくださいm(_ _)m

    !?…。

    それでは、失礼いたします!^^

    しあんにご興味をお持ちの女性様は
    ♥︎こちらから♥︎

    メッセージお待ちしております!

    【➡︎トップページへ】

    関連記事

    テーマ : フェチ
    ジャンル : アダルト

    聖水初体験記(2)クンニの最中にオシッコしたくなったら…

    初めて聖水をいただいた時の体験談Part2です。
    お水(サイト“防腐剤”様より)

    ノーマルな女性の方にとっては、嫌悪感や不快感を感じる場合がございます。その点をご理解の上、以下の体験談をお読みくださいますようお願い申し上げますm(_ _)m

    年下Kさんとのクンニご奉仕【M男舐め犬】体験記(一覧)

    ☆☆初めての聖水(おしっこ)(2)☆☆

    その後も休憩を挟みつつ、いつも通り長時間、僕はKさんにクンニご奉仕をしていました。

    ソファに座り寛いでいらっしゃるKさんの股の間に顔をうずめ、クンニご奉仕をしている時でした。

    ぺろぺろ…ぴちゃぴちゃ…

    あ…ん…気持ちい…

    不意に、Kさんからオシッコをいただける2度目のチャンスがやって来ました…

    …そこで仰向けになって

    急に、Kさんがそうおっしゃいました。それを聞いた僕は、急いで床の上に仰向けになります。

    Kさんは、僕の顔を跨いで腰を下ろしました…彼女の秘部の真下で、僕は大きく口を開けます。

    あっ、出そう…

    Kさんがそう言ったと同時に

    チョロチョロ…

    オシッコが、遠慮がちに、僕の口に注がれました。

    …しょっぱい味を感じました。それと同時に、オシッコの香りが口から鼻へと通り抜けていきます…でも、不思議と全く嫌だとは思いませんでした。

    んグッ、んグッ。

    僕は、大きく口を開けたまま、喉をつかってそれを飲み干しました。なんとなく、海水を飲んだときの味に近い感じがしました。

    …。

    オシッコは、最初にチョロっと出た後、すぐに止まってしまいました。僕は、口を開けたままじっと待ちます…

    …。

    チョロ、チョロチョロ…

    (!!)

    シャーッ、ジョボジョボジョボッ…

    堰を切ったかのように、急に勢いよく、オシッコが僕の口に注がれます!

    あっという間に、僕の口からオシッコが溢れそうになります!

    んゴクッ、んっ、んゴクッ…

    僕は、絶対に粗相をしないよう、喉を鳴らして必死に飲み込みました。味がどうとか考える余裕はありません!

    口を大きく開けたまま、喉だけを使って飲み込むため、一気に飲み干すことはできません…鼻から逆流しそうにもなります。

    ジョボジョボジョボ…

    (たっ、隊長!非常事態です!)
    Kさんのオシッコが止まりません!

    僕は、溺れそうになりながらも、喉を鳴らし続けました。

    んゴクッ、んゴクッ、んゴクッ…

    僕を突き動かしているのは、ご主人様からいただくオシッコを零したくないという思いだけでした…

    飲んでも飲んでも、Kさんのオシッコは僕の口に並々と注がれます。

    ご主人様のオシッコだ、絶対に零したくない…で、でも、もはやこれまでか>_<…そう思った時でした。

    ジョーッ…

    チョロチョロチョロ…


    やっとオシッコの勢いが弱まりました。

    イケる!

    んグッ…んグッ…んグッ…ハァー、ハァー、ハァー

    僕は半分溺れながらも、なんとか零さずに、Kさんのオシッコを飲み干すことができました。

    …今から思えば、おしっこの勢いは、そんなにたいしたことはなかったのかもしれません。それでも僕には、緊急事態に感じました…笑

    (➡︎聖水初体験記(終)へ)

    しあんにご興味をお持ちの女性の方は
    ♥︎こちらから♥︎

    メッセージお待ちしております!

    関連記事

    テーマ : フェチ
    ジャンル : アダルト

    聖水初体験記(1)クンニの快感はオシッコを誘う?

    Kさんとの体験記の番外編です。

    今回は、Kさんから初めて聖水をいただいた時の思い出です。

    聖水…神聖なる水…女性のオシッコです!

    変態に免疫のない方、不快感を感じる方は、以下の体験談を間違っても読んでしまわないよう、ご注意くださいませm(_ _)m

    年下Kさんとのクンニご奉仕【M男舐め犬】体験記(一覧)

    ☆☆初めての聖水(おしっこ)(1)☆☆

    次はオシッコを飲ませてみたいな♪

    クンニだけの関係を持つようになったKさんから、そう書かかれたメールをいただきました。僕は、とてもドキドキしたのを覚えています。

    僕の便器願望(笑)を知った上での発言でしたが、好奇心が旺盛なKさんは、自らそうおっしゃってくださいました。


    僕が、初めてKさんからオシッコを飲ませていただいた時の話です

    いつものようにベッドの上で、僕は、顔面騎乗の体勢で、Kさんにクンニご奉仕をしていました。

    Kさんの栗様を下から舐めさせていただいている時です。

    ん…あ…んっ…

    (チロチロ…れろれろ…)

    あ…んっ…オシッコ出そう…

    不意に、Kさんがおっしゃいました。

    それを聞いた僕は、動かしていた舌を止め、無言で(覚悟を決め)口を大きく開けてスタンバイしました。

    期待と不安で、胸が高鳴りながら、じっと待ちます。

    …。

    ……。

    なかなかオシッコが出てきません…

    …当たり前です。彼女の股の下には一流メーカーの便器ではなく、口を大きく開けた三流の僕がいるのですから…^^;

    「僕のことを便器だと思ってください」

    僕は彼女に、そうお伝えしました。ですが、やはり、Kさんは、抵抗を感じたみたいです…

    ……。

    結局、Kさんは、お一人でトイレに行き、用を足されてしまいました。口を大きく開けてスタンバイをしていた僕が、便器に負けた瞬間です…>_<…

    ただ、慈悲深いKさんは、トイレで拭かずに出て来てくださいました。

    綺麗にして

    そう言うと、Kさんは、再び僕の顔の上にまたがりました。

    (ぴちゃぴちゃ…ペロペロ…)

    あ…ん…

    僕は、夢中で、彼女の秘部に付いたオシッコの雫を、舐め取らせていただきました。汚いと思う気持ちは、全くありませんでした。

    それどころか、ドMな僕は、オシッコのついた彼女の秘部をお掃除させていただいている最中、とても興奮し、また、喜びを感じました!

    興奮していたからでしょうか、特に味は感じませんでした。

    …綺麗になった?

    「はいっ」
    ペーパー(サイト“防腐剤”様より)
    ※イメージ写真

    オシッコ後のお掃除初体験の余韻に浸りながら、僕はそのまま、クンニご奉仕を続けました。

    あっ…んっ…あ…

    Kさんもまた、何事もなかったかのように、クンニを堪能なされていました…

    (➡︎聖水初体験記(2)へ)

    しあんにご興味をお持ちの女性様は
    ♥︎こちらから♥︎

    メッセージお待ちしております!

    関連記事

    テーマ : フェチ
    ジャンル : アダルト

    意外と多い脇フェチ男

    女性の皆様は、男性の身体のどの部分にフェチを感じますか?

    男のお尻ですか?
    男の胸板ですか?
    男の手や腕ですか?

    それとも、…?

    僕は女性の脇にフェチを感じます。

    女性の皆様からすれば、脇の下なんてどこがいいの?という感じだと思います。

    でも、僕からすれば、女性の脇の下はエロ美しい!と感じます。

    意外と、女性の脇の下が好きな男性は多いように思います。実際、僕の周りにも、脇フェチの男性はいますし、男性誌のグラビアなどでも、腕を上げたポーズが多いのには、それなりの理由があるはずです。

    脇の下からは異性を誘惑するフェロモンが出ているという話を聞いたことがあります。男性は、無意識のうちにそれを感じ取っているのでしょうか?笑

    普段から手を上げて生活している人は、まずいません。あえて脇を見せたがる女性の方もいないと思います。ですから、男性にとって女性の脇の下は、隠された部分であり、神秘的に感じるのかもしれません。

    …ご奉仕犬のM男である僕は、飼い主様である女性の脇の下を舐めさせていただくことも好きです。ここまでくると、フェチというより、ただの変態なのかもしれません(そうに違いありません!)

    足の裏や指への舐めご奉仕もそうですが、普通の男性なら舐めるのに抵抗を感じるところでも(だからこそ)、舐め犬にとっては舐めさせていただける喜びを感じます。

    舐め犬しあんへのメッセージは
    ↓↓↓
    ◆こちらから◆

    ☆☆☆☆☆
    クンニ犬に興味をお持ちの女性の方へ
    ➡︎クンニM男犬しあんのブログにようこそ♪
    ➡︎クンニM男犬しあんの自己紹介
    ➡︎クンニ犬から飼い主様へのお約束
    ※各記事は1〜2分程度でお読みいただけます
    ☆☆☆☆☆

    【➡︎トップページへ】

    関連記事

    テーマ : フェチ
    ジャンル : アダルト

    大きな花びらの魅力…

    S女性の皆様、おはようございます。しあんです。

    既にお気付きかと思いますが…今日は、爽やかな日曜日の朝にそぐわないお話をさせていただきます^^

    女性の皆様ならご存知の方も多いと思いますが、巷では、小陰唇縮小手術なるものがあるらしいです…

    「男性経験が豊富な人は大きくなる」なんて言う人がいますが、僕はそんな迷信は信じません!

    薔薇(サイト“防腐剤”様より)

    タイトルにある通り、僕は、大き目の花びらにフェチを感じます…

    小さ目の花びらも、とても愛らしいですが、大き目の花びらは、とてもセクシーだと思います。

    普段は清楚な女性が、大き目の花びらをお持ちでいらっしゃったら、何ともいえないエロスを感じます。魅惑的な花びらに吸い寄せられ、蜜を吸わせていただきたいと思ってしまいます>_<

    クンニご奉仕が大好きな僕としては、舐めさせていただいている時の、花びらが舌や唇にまとわりつく感覚がとても好きです^^


    …朝からマニアックな話をしてしまい、申し訳ございませんでしたm(_ _)m
    それでは、失礼します。

    しあんへのメッセージは
    ↓↓↓
    ◆こちらから◆

    ☆☆☆☆☆
    クンニ犬に興味をお持ちの女性の方へ
    ➡︎クンニM男犬しあんのブログにようこそ♪
    ➡︎クンニM男犬しあんの自己紹介
    ➡︎クンニ犬から飼い主様へのお約束
    ※各記事は1〜2分程度でお読みいただけます
    ☆☆☆☆☆

    【➡︎トップページへ】

    関連記事

    テーマ : フェチ
    ジャンル : アダルト

    全ブログ記事表示

    全ての記事を表示する

    ブログカテゴリ
    M男プロフィール

    しあん

    Author:しあん
    はじめまして、しあんと申します。
    当ブログにご来訪いただき、誠にありがとうございます。

    女性の言いなりになって、長時間クンニ奉仕をさせて頂くことで喜びと興奮を覚える都内在住のM男です。挿入することが目的の普通のHには全く興味がありません。女性にイジメられ、服従することにさえ、喜びを感じてしまうドMでもあります。

    女性の欲求やお仕事で溜まるストレス解消のため、クンニペット・オナニー玩具・クンニ奴隷として使っていただきたい…そう望んでいます。恋人や夫婦のような対等な関係ではなく、女尊男卑・女性上位な関係で献身的にクンニご奉仕をするのが大好きです。

    ブログを通じて、クンニ犬を使うことにご興味をお持ちの女性の方、クンニ好きでSっ気のある女性様と交流できたら幸いです^^ お気軽にコメントやメッセージを頂けたら、大変うれしく思いますm(_ _)m

    クンニ犬へのコンタクト
    クンニ好きの女性様からのメッセージを心よりお待ちしておりますm(_ _)m ブログのご感想やしあんへのご質問なども受け付けております!
    最新ブログ記事
    お好きなクンニに1票を!
    クンニはどれも好き!でも、あえてひとつを選ぶなら…
    最新コメント
    タグ

    M男 舐め犬 クンニ奉仕 愛液 おしっこ 女性の玩具 フェチ 人間便器 お掃除クンニ アナル舐め奉仕 ご夫婦カップル様 マッサージ 顔面騎乗クンニ クンニ画像 アロママッサージ 足舐め奉仕 立ちクンニ SとM 尿道口クンニ 映画 クンニアンケート 女性向け動画 

    女性向け無料動画サイト & M男さんブログなど:リンク
    総合サイトリンク
    下記サイト様より画像素材をお借りしております
    防腐剤(フリー写真素材)
    月別アーカイブ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    クンニ犬へのコンタクト
    クンニ好きの女性様からのメッセージを心よりお待ちしておりますm(_ _)m ブログのご感想やしあんへのご質問なども受け付けております!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。