スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    初クンニご奉仕(5)バター犬の躾け-お預け後のクンニご奉仕-

    おはようございます。しあんです。

    右も左もわからないまま始めたこのブログですが、これが、年内最後の更新になると思います。

    来年は、クンニペットを飼うことにご興味をお持ちの女性様と知り合えますように…と願いつつ、正月を迎えようと思います^ ^ いずれにしましても、マイペースでブログを続けていければと思っております。

    皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

    年下Kさんとのクンニご奉仕【M男舐め犬】体験記(一覧)

    ☆☆Kさんへの初クンニご奉仕(5)☆☆

    ソファに座ったKさんの足へのご奉仕が終わると、彼女は、僕の頭を脚で挟むようにして、股の間へと導きました。僕の顔の前には、下着一枚だけに覆われたKさんの秘部があります…

    ジッとしてて

    Kさんはそう言うと、自ら、栗様を指でさするように触っていらっしゃいました…

    僕は、Kさんの下着の中心部にシミが広がっていく様子を、ドキドキしながら眺めていました。

    しばらくしてから、Kさんがおっしゃいました。

    脱がせて…

    僕は、今にも震えそうな手で、恐る恐るKさんの下着を丁寧に脱がせました…

    まだ舐めちゃだめだよ

    彼女はそう言うと、僕に見せつけるように、再び、ご自分の指でゆっくりと、栗様を触っています。

    Kさんのおけけは、丘の部分だけを残し綺麗にお手入れされていて、秘部の周りはツルツルでした。

    僕は、Kさんの色や形を目に焼き付けるように、凝視していたと思います。明るい部屋の中で、彼女の蜜壺からあふれ出た蜜が光っているのまでよく見えました。

    僕は、その蜜を舐め取りたくてたまりませんでしたが、ご主人様であるKさんからの指示をじっと待ちました。大好きなエサの前で「待て!」と言われ、お預けをくらった犬のように…

    Kさんは脚を使って、さらに僕の頭を引き寄せました。僕の鼻の先のすぐそこに、彼女の秘部があります。

    僕は、全神経を鼻に集中させて、精一杯、彼女の香りを感じようとしました。石鹸の香りのその奥に、微かに、彼女自身の香りを感じとることができた気がします。

    Kさんは、懸命に匂いを嗅いでいる(変態な)僕の姿が面白かったらしく、クスクス笑っていらっしゃいました。

    女性が楽しんでくれている姿をみると嬉しく思います。変態な姿を女性から笑われて喜んでしまう変態だなんて…我ながら、まさに「ドM」だと思います^^;


    舐めていいよ

    Kさんから、やっとご許可をいただきました。僕には、そのお言葉が、飼い主様からの「よしっ!」の合図に聞こえました…もう、この時点で僕は完全に彼女のバター犬です。

    ただ、すぐにKさんの愛液を舐めとることは許されませんでした。

    僕は、Kさんの指示に従い(蜜壺をベロベロ舐めたい衝動を抑え)、脚の付け根から優しく丁寧に舐め始めました。

    すると、Kさんは無言で、彼女の太ももに添えられていた僕の両手を、ソファの上へと移動させました。この意味を、僕は、「手を使わずにクンニして!」という彼女からのメッセージだと受け取りました。

    女性の体に手を添えないでするクンニには慣れていませんでした。僕は無意識のうちに、Kさんの太腿に手を添えてしまいました。

    でも、両手をソファの上に置き、完全に口だけでするクンニは、自分が本物のバター犬になった感覚にさせてくれました。

    今から思えば、この時すでに、ご主人様であるKさんからの躾けが始まっていたのだと思います。

    (➡︎初クンニご奉仕(6)へ)

    しあんにご興味をお持ちの女性様は
    ♥︎こちらから♥︎

    メッセージお待ちしております!

    関連記事

    テーマ : フェチ
    ジャンル : アダルト

    初クンニご奉仕(4)おみ足へのご奉仕は始まりの合図

    舐め犬にご興味をお持ち(?)の皆様、こんばんわ。しあんですm(_ _)m

    この体験記を書くため、過去の記憶を思い出していると、クンニご奉仕前のKさんとのちよっとしたやり取りまでも蘇ってきます。ご奉仕そのものだけでなく、こうしたやり取りも楽しいものだと改めて実感しています。

    年下Kさんとのクンニご奉仕【M男舐め犬】体験記(一覧)

    ☆☆Kさんへの初クンニご奉仕(4)☆☆

    ソファに座って、目の前で下半身裸のまま立たされている情けない姿の僕(と僕の息子)を観賞して満足されたKさんが、床を指差し、微笑みながら言いました。

    そこに正座してて

    そして、Kさんはソファから立ち上がり、彼女もスカートとタイツを脱ぎ始めました。

    思わず、その姿に見惚れていた僕は、彼女から「ジロジロ見ない!」と注意されてしまいました…Kさんが再びソファに座るまでの間、僕はずっと視線を逸らしていました。

    彼女はスカートを脱ぎなから、「自分だけ脱ぐのはズルいと思ったから、僕を先に脱がせた」というようなことをおっしゃっていました。

    身体が火照った僕は、上に着ていたシャツを脱ぎ、インナーのTシャツ一枚の格好にならせてもらいました。これで僕は「Tシャツ一枚に靴下だけ履いて下半身丸出し」という格好になりました^^;

    あし(サイト“防腐剤”様より)

    足舐めて

    再びソファに座ったKさんから、そう指示されました。

    足舐めは、会う前のメールで、クンニご奉仕前にさせていただく約束となっていました。

    僕は、Kさんの足が直接床についてしまわないよう、また、座布団替わりとして、彼女の踵と床の間に自分の手を挟みこみました。

    そして、土下座するような格好で、僕は彼女の足を舐めます。

    足の裏のヒールで硬くなった部分や、足の指の間は、特に丁寧に、お掃除するように舐めました。足の指は、口全体で包み込むように舐めさせていただきました。味や香りは、ほとんどわかりませんでした…

    同じように、もう片方の足も丁寧に舐めていきます。

    ぺろぺろ…ぴちゃぴちゃ…

    そんな僕の姿を見て、彼女がおっしゃいました。

    本当に犬みたいだね(笑)

    足を舐めている僕からは、彼女の表情を見てとることができませんでしたが、その状況を楽しんでくれている彼女の様子が伝わってきて、興奮してしまいました。

    足を舐めさせるの、気持ちいいね

    Kさんは、そうおっしゃってくださいました。

    ☆・☆・☆

    舐める側の僕が思うに、女性にとって温かい口と舌で足を舐められるのは気持ちいいのではないでしょうか。

    ただ、それだけでなく、Sっ気の強いKさんは、「足を舐めさせることで、精神的にも感じる」というようなことをおっしゃってくださいました。こういうKさんの発言に、僕はゾクゾクしてしまいます>_<

    正座して女性の足を舐める屈辱感は、僕のM心を刺激します。でも、それだけではなく、正座しての足舐めという行為は、そのかたへの服従を示す行為でもあります。

    Kさんと僕にとって、足舐めご奉仕は、ご奉仕開始の合図であり、主人と飼い犬の関係に切り替わるスイッチのようなものでした。

    (➡︎初クンニご奉仕(5)へ)

    しあんにご興味をお持ちの女性様は
    ♥︎こちらから♥︎

    メッセージお待ちしております!

    関連記事

    テーマ : えっちな体験談・告白
    ジャンル : アダルト

    初クンニご奉仕(3)二人だけの時間・空間・羞恥

    Kさんに対する最初のクンニご奉仕体験は、僕がずっと胸の奥にしまい込んできた願望を解放できた初めての体験であり、忘れられない(良い意味で強烈な)思い出です。

    恥ずかしい話ですが、今でもその時のことを思い出し、ひとりで慰めることも多いです>_<当時のことを思い出しつつ書いていると、また、その時の興奮が蘇ってきます…

    年下Kさんとのクンニご奉仕【M男舐め犬】体験記(一覧)

    ☆☆Kさんへの初クンニご奉仕(3)☆☆

    自分の性癖を知っているKさんとの再会は、とても気恥ずかしかったです。

    しかも、今回は、最初に会ったときと違い、居酒屋ではなく、いきなりホテルに行く約束になっていました…

    でも、彼女は、最初に会ったときと変わらない明るい笑顔で、僕との再会を喜んでくれたのが、印象的でした。久しぶりに見るKさんは、前よりさらに綺麗になっているように感じました…

    サバサバした明るいKさんでも、一緒にホテルに入ってからは、少し緊張されているようでした。僕もエレベーターの中で、これから起こるであろう出来事に対する不安と期待で胸が高鳴っていました。

    エレベーターのドアが開き、二人とも無言で廊下を歩き、部屋の前に着きました。ガチャッ。僕がドアを開け、二人で玄関に入りました。パタンッ…カチャッ。

    これから、二人だけの秘密の時間が始まるんだ…僕はそう思うと、心臓がバクバクしました。

    先に部屋の中へと入ったKさんは、僕が隣に座れるように半分のスペースを空けて、ソファに腰を下ろしました。

    僕は、あえて、空いている彼女の隣には座らず、ソファの前の、テーブルが置いてある床に直接座りました。彼女の正面ではなく、彼女の斜め前に座ったと記憶しています。

    彼女は僕を見下ろしながら、僕は彼女を見上げながら、しばらく会話をしました。この時の僕は、お酒を飲んでいないのに、なんだがふわふわした感覚でした。Kさんもまた、少し緊張されているご様子でした。

    この時の会話の中で、彼女が「クンニしてもらうだけだから、マッサージしてもらうのと一緒。」と言っていたことが印象的です。つまり、これから行われる僕と彼女の行為は、恋愛関係にある男女が行う行為とは明らかに一線を画するものだということです。

    僕は、そのような彼女の、ある意味割り切った考え方に、逆に魅力を感じました…Mなクンニご奉仕犬の悲しい性です^^;


    …会話の途中、彼女が煙草を咥えたのを見て、僕はとっさに、ライターに火をつけ、彼女に差し出しました。

    気が利くね

    彼女は煙草に火をつけると、微笑みながらそう言ってくれました。それまで少し硬かったKさんの表情が、ふと緩みました。

    不意に、彼女は正面の床を指差しながら僕に言いました…

    そこに立ってズボンとパンツを脱いで

    (?!)

    僕は(今日はパンツを脱ぐことはないだろう…)と思っていたので、心の準備が全くできていませんでした。Kさんに会うのは、今日でまだ2回目です。その彼女の目の前で、しかも、明るい部屋の中、自分だけパンツを脱ぐのは…(恥ずかしかったです!)

    僕は、意を決して、彼女の正面にある小さなテーブルの前に立ちました…。Kさんの視線を痛いほど感じつつ、思い切ってズボンとパンツを脱ぎました。

    下だけ脱いだため、僕の息子はシャツで半分隠れている状態になりました。それを見たKさんは、

    ちゃんと見えるようにシャツをめくり上げて

    と言いました。僕は、恥ずかしさで一瞬躊躇しましたが、その指示に従い、うつむき加減でシャツをめくり上げました…

    Kさんは、僕の息子(僕自身と同じくどMな奴です…)を凝視しながら、いたずらっ子のような笑みを浮かべていました。

    先っぽからなんか垂れてるよ。

    緊張していたので、自分では全く気付いていませんでした…恥ずかしさで頭がクラクラしました。

    少し大っきくなってない?見られて興奮してるの?

    Kさんは、僕に対して純粋な疑問をぶつけているだけです。でも、僕にとっては、Kさんのその鋭い指摘が、言葉責めにしか聞こえません!

    ソファに座った年下のKさんの前で、自分だけ下半身裸という情けない格好で立たされている…

    そのような状況にもかかわらず、興奮している僕を、彼女は、好奇心と優越感が入り混じったような笑みを浮かべて、鑑賞していたのが印象的でした。

    このような状況で、主導権は完全に彼女にあります。彼女がSっ気を発揮し出すと共に、僕のMっ気も全開になってきました^^;

    (➡︎初クンニご奉仕(4)へ)

    しあんにご興味をお持ちの女性様は
    ♥︎こちらから♥︎

    メッセージお待ちしております!

    関連記事

    テーマ : えっちな体験談・告白
    ジャンル : アダルト

    初クンニご奉仕(2)彼氏がクンニをしてくれない?!-思わぬ展開へ-

    それでは、前回の続きからです。
    年下Kさんとのクンニご奉仕【M男舐め犬】体験記(一覧)

    ☆☆Kさんへの初クンニご奉仕(2)☆☆

    いつものように、Kさんから彼氏の愚痴をメールで聞いていたある日のことです。めずらしく、話題が下ネタになりました。おそらく、この時の彼女は酔っていたのだと思います…
    メール(サイト“防腐剤”様より)
    彼女がくれたメールには、彼氏がクンニをしてくれない」「クンニしてほしいのにすぐに挿れようとする」「彼氏はあまりクンニが好きじゃない、たしか、そのような内容が書かれていました。

    このメールをきっかけにして、話は思わぬ方向へと進みました。それは、人には言えないHな告白をしようというものでした^^;。僕は、思い切って、自分の性癖を彼女に正直に告白しました(正確にいうと、告白させられました…)。

    普段はノーマルを装っているが、実は、思春期の頃からずっと、好きになった子にクンニしている場面ばかりを想像して、ひとりHをしていたこと。男なら普通、フェラや挿入が好きなはずなのに、僕はそうではなく、クンニしている時が一番興奮するし、満たされること等を告白しました。

    挨拶程度のクンニしかしない男は、人生の半分を損している!とでも言わんばかりに、大好きなクンニに対する思いの丈を彼女に伝えました^^;

    その話に食いついた彼女から更なる追及を受け、自分は実はドMだということまでも告白させられてしまいました…女性の言いなりになって、長時間、クンニご奉仕をしたい願望を持っていることまで、うっかり告白してしまいました^^;

    こんな変態的なことを告白してしまいましたが、彼女は引くことなく、話に乗ってくれました。そして、彼女から質問攻めを受け、素直に自分の変態的願望を洗いざらい白状させられたことを覚えています。

    彼女は彼女で、クンニは気持ちいいから大好きだということ、自分の気が済むまで、クンニしてもらいたい(させたい)願望を持っていることを教えてくれました。でも、彼氏の前では、そのような願望を表に出すことができないとも言っていました。

    …彼女とは、一度は会ったことがあるとはいえ、メールだけで話をする関係でした。そのような関係だからこそ、僕は、普段は口が裂けても言えない話を、彼女に告白できたのかもしれません。それに、彼女は、(敏腕な取調官のように)白状させる術を持っていたと思います^^;

    その後の彼女とのメールのやり取りでは、話題のほとんどは、その手のHな話になりました。そんな話ばかりしていると、お互いにクンニをしたい、されたい願望がどんどん強くなっていきます。

    そして、絶対にクンニだけ!という約束のもと、彼女と再会することになりました…

    (➡︎初クンニご奉仕(3)へ)

    しあんにご興味をお持ちの女性様は
    ♥︎こちらから♥︎

    メッセージお待ちしております!

    関連記事

    テーマ : えっちな体験談・告白
    ジャンル : アダルト

    初クンニご奉仕(1)クンニだけの関係-ご主人様との出会い-

    果たして、このブログを、Sな一面を持った女性様が見つけてくださる日がくるのか…と不安を持っています。でも、そのような方のもとへいつか辿り着けるのではないか…という希望を捨てずに更新を続けていこうと思っております^^

    今回から、僕がクンニだけの関係を続けた女性、Kさんとの体験記を書いていこうと思っています。これからお話しする僕の体験記が、「舐め犬」体験記といえるものかはわかりませんが、まさに「クンニだけする男」として彼女に使っていただいた、甘美な経験でした。

    当時のことを思い出し、彼女とのやり取りや僕の心境もできるだけ丁寧に書いていきたいと思っています。僕の拙い文章力のため、読みにくい部分、伝わりにくい部分も多々あると思いますが、ご容赦下さいm(_ _)m

    年下Kさんとのクンニご奉仕【M男舐め犬】体験記(一覧)

    ☆☆Kさんへの初クンニご奉仕(1)☆☆

    僕が30代前半の頃の思い出です(僕は今、30代の終わりに近づいています)。

    僕には、ある年下の女性とクンニだけの関係を続けた経験があります。その経験の中でも特に、初めて彼女にクンニご奉仕した時のことは、今でも鮮明に記憶に残っています。

    今回は、前置きとして、彼女との出会いについて書かせていただきます。

    その当時、それまで付き合っていた彼女と別れたばかりの僕は、よく仕事帰りに友人と飲みに行っていました。その日も同僚と居酒屋で飲んでいたのですが、たまたま隣の席にいた、同じく友人と二人で飲みに来ていた女性Kさんと知り合いました。
    ビール(サイト“防腐剤”様より)

    彼女達と話を始めたきっかけは、僕らの会話にほろ酔いの彼女たちが加わった、たしか、そのような感じでした…

    Kさんは僕より大分年下でしたが、大人っぽく、すらっとした綺麗系の美人さんでした。性格は、明るくサバサバした感じの人で、男だけでなく同性からもモテそうな感じの印象を受けました。

    そのような彼女が、なぜか、その時一緒にいた僕の同僚(背が高くてイケメンです!)ではなく、いたってフツメンの僕のほうに興味を持って、いろいろ話をしてくれました。

    たぶん、彼女にとって、僕のほうが話しやすかっただけだと思います。彼女はイケメンを見慣れ過ぎていて、飽きていたのかもしれません(笑)

    彼女は、短大を卒業後、社会人一年目であること、僕と同じく営業の仕事をしていること等を教えてくれました。営業職同士、共感できる話が多く、自然と話が盛り上がったことを覚えています。ただ、盛り上がったと言っても、僕は主に聞き役だったと思います。

    その日の別れ際に、Kさんとメールアドレスの交換をすることができました。今から思えば、当時の僕は、付き合っていた彼女と別れたばかりで「しばらく彼女はいらない…」と思っていたのが、良かったのだと思います。僕の場合、無欲の時のほうが、かえって物事がうまく進むことがあります。
    ☆・☆・☆

    それから、しばらくは、Kさんとメル友の関係が続きました。

    彼女に彼氏がいることは、メールではじめて知りました。会話の内容の多くは、彼女の職場や取引先での人間関係の話、彼氏の愚痴(ノロケ話?)でした。

    社会人になったばかりの彼女にとって、学生時代と異なり、嫌いな人や苦手な人とも上手く付き合っていかなければならないことに、ストレスを感じていたようです。特に、若いうちは、相手になめられることも多いですし、女性だということでなめられることもあったようです…

    そのことを大学生の彼氏に話しても、あまり共感してもらえないことに対しても、相当イライラしていたみたいでした。
    ☆・☆・☆

    いつものように、Kさんから彼氏の愚痴を聞いていたときのことです。めずらしく、話題が下ネタになりました。おそらく、この時の彼女は、酔っていたのだと思います…

    彼女がくれたメールには、彼氏がクンニをしてくれない」「クンニしてほしいのにすぐに挿れようとする」「彼氏はあまりクンニが好きじゃない、たしか、そのようなことが書かれていました。

    (➡︎初クンニご奉仕(2)へ)

    しあんにご興味をお持ちの女性様は
    ♥︎こちらから♥︎

    メッセージお待ちしております!

    関連記事

    テーマ : えっちな体験談・告白
    ジャンル : アダルト

    クンニの体位

    エッチにも様々な体位があるように、クンニの体位にもいろいろあります。

    皆様は、どのような格好で舐めさせるのがお好みでいらっしゃいますか?

    一番ノーマルなものは、正常位と同じように、女性がベッドの上で仰向けになるクンニではないでしょうか。

    女性にとって楽な姿勢なので、長時間のご奉仕に向いていると思います。脚を開いたほうが感じる方や、脚を閉じたほうが感じる方など、人によって好みはあると思います。

    バックの体位と同じように、女性が四つん這いなって舐めさせるクンニがお好きな方もいらっしゃるのではないでしようか。舐め犬の僕の場合、この体位では、アナルにもご奉仕させていただきたくなります^^;

    私が特に好きなクンニの体位は、女性を見上げる(女性から見下ろされる)格好でするクンニです^^

    女性に顔の上に乗っていただく顔面騎乗でのご奉仕や、女性がソファなどに寛いでお座りになり、開いたその足もとに跪いてするご奉仕や、女性が仁王立ちになり、その前に僕が跪き、頭を押さえつけられながらするご奉仕などです。

    ドMな僕は、ご主人様との主従関係を感じることができるクンニの体位にゾクゾクしてしまいます^^;

    皆様は、お好きなクンニの体位がありますか?このブログには、皆様にご参加いただいているクンニアンケート(投票所)を設けています。是非、ご参加くださいませm(_ _)m
    ➡︎「好きなクンニの体位は?」

    【➡︎トップページへ】

    クンニ犬しあんにご興味をお持ちの方は
    ◆こちらから◆
    メッセージお待ちしています!

    関連記事

    テーマ : フェチ
    ジャンル : アダルト

    貴女の意のままに

    男以上に、女性の方は、人によって感じるポイント、好きな舐められ方が違う気がします。

    また、その時のご気分によっても、それらは変わるのではないでしょうか?

    僕にできることは、貴女様の反応や指示に従い、気持ち良くなっていただけるよう努力すること。貴女様のお好きな舐められ方、感じるポイントをしっかり覚えること。(さらには秘部の香りや味まで覚えること!)

    クンニの達人ではない僕は、そのように考えています^^

    貴女様が、ひとりHをしているときと同じように、貴女様の意のままに、貴女様の快楽のためだけに、クンニご奉仕させていただきたい…そう思っております。

    【➡︎トップページへ】

    クンニ犬しあんにご興味をお持ちの方は
    ◆こちらから◆
    メッセージお待ちしています!

    関連記事

    テーマ : えっちな体験談・告白
    ジャンル : アダルト

    非日常の中の日常

    女性にとって舐め犬を使うという非日常な時間の中で、女性は日常的なことをしながら、舐め犬に奉仕させる。そのようなシチュエーションでのご奉仕が好きです。

    たとえば…

    貴女様が、お仕事やお勉強をなされたり、お友達とメールをなされたり、テレビや雑誌をご覧になっていらっしゃる、そのお足元で、僕は跪き、貴女様の股間に顔を埋めて、静かに長時間、クンニご奉仕をさせていただく…

    貴女様は、舐め犬である僕には全く気を遣わずに「ながらで」ご奉仕させる。

    そこに会話はなく、ふいに発せられる貴女様からの指示に従い、舌の力を抜いてソフトに、自己主張しないようにご奉仕させていただく…

    女性の皆様は、このようなクンニご奉仕はお嫌いでしょうか?

    舌の動きに集中し、快感に没頭するクンニも素敵ですが、たまには、このようなまったり寛ぎクンニはいかがでしょうか?

    【➡︎トップページへ】

    クンニ犬しあんにご興味をお持ちの方は
    ◆こちらから◆
    メッセージお待ちしています!

    関連記事

    テーマ : いろいろなフェチ
    ジャンル : アダルト

    タメ口

    普段は、「ですます調」で話す年下の女性が、ふとした瞬間に使う「タメ口」に、ときめくことがあります。

    年下の女性が、年齢という先入観を取っ払い、一瞬、心を許してくれた瞬間、僕に親しみを覚えてくれた瞬間であると思えるからです。

    この感覚は、普通の男性でも、共感してもらえるかもしれません。でも、ここから先は、決して共感を求めません!

    私は、年下の女性がタメ口を使い、こちらは敬語を使うという関係のもと、女性から遠慮なしに指示され、舐め犬として従順にクンニご奉仕させていただくことに興奮します^^;

    二人の間に、年齢は何の意味も持たない。

    そこにあるのは、飼い主と飼い犬の主従関係だけ…

    【➡︎トップページへ】

    クンニ犬しあんにご興味をお持ちの方は
    ◆こちらから◆
    メッセージお待ちしています!

    関連記事

    テーマ : フェチ
    ジャンル : アダルト

    はじめまして

    クンニが前戯?!

    し、信じられません…クンニがメインです!

    男尊女卑?!
    あ、あり得ません…女尊男卑です!

    ☆☆☆☆☆

    はじめまして。「しあん」と申します。この名は、ワンコである僕らしく、オス犬を意味する仏語「シアン」にちなんで付けました。

    30代も終わりに近づいたM♂犬です。身長166cm×体重(61→)59kgの東京犬。自己管理ができない犬は、ご奉仕犬として失格との思いから、体型維持と健康管理に努めています。清潔第一で、毛並みの手入れは月1、歯とお口のクリーニングは3ヶ月に1回行っています。病気のない健康なオス犬です。


    当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

    今日から、このブログを始めます。クンニご奉仕が大好きな私が(普段の実生活では口が裂けても言えない)自分の性癖や想い、体験について、赤裸々に綴っていきたいと思っています。

    クンニをさせることが大好きな女性の方に楽しんでいただけたら、何より嬉しく思います。どうぞよろしくお願い致します。

    【➡︎トップページへ】

    クンニ犬しあんへのメッセージは
    ➡︎こちらから
    シッポを長くしてお待ちしております!

    全ブログ記事表示

    全ての記事を表示する

    ブログカテゴリ
    M男プロフィール

    しあん

    Author:しあん
    はじめまして、しあんと申します。
    当ブログにご来訪いただき、誠にありがとうございます。

    女性の言いなりになって、長時間クンニ奉仕をさせて頂くことで喜びと興奮を覚える都内在住のM男です。挿入することが目的の普通のHには全く興味がありません。女性にイジメられ、服従することにさえ、喜びを感じてしまうドMでもあります。

    女性の欲求やお仕事で溜まるストレス解消のため、クンニペット・オナニー玩具・クンニ奴隷として使っていただきたい…そう望んでいます。恋人や夫婦のような対等な関係ではなく、女尊男卑・女性上位な関係で献身的にクンニご奉仕をするのが大好きです。

    ブログを通じて、クンニ犬を使うことにご興味をお持ちの女性の方、クンニ好きでSっ気のある女性様と交流できたら幸いです^^ お気軽にコメントやメッセージを頂けたら、大変うれしく思いますm(_ _)m

    クンニ犬へのコンタクト
    クンニ好きの女性様からのメッセージを心よりお待ちしておりますm(_ _)m ブログのご感想やしあんへのご質問なども受け付けております!
    最新ブログ記事
    お好きなクンニに1票を!
    クンニはどれも好き!でも、あえてひとつを選ぶなら…
    最新コメント
    タグ

    M男 舐め犬 クンニ奉仕 愛液 おしっこ 女性の玩具 フェチ 人間便器 お掃除クンニ アナル舐め奉仕 ご夫婦カップル様 マッサージ 顔面騎乗クンニ クンニ画像 アロママッサージ 足舐め奉仕 立ちクンニ SとM 尿道口クンニ 映画 クンニアンケート 女性向け動画 

    女性向け無料動画サイト & M男さんブログなど:リンク
    総合サイトリンク
    下記サイト様より画像素材をお借りしております
    防腐剤(フリー写真素材)
    月別アーカイブ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    クンニ犬へのコンタクト
    クンニ好きの女性様からのメッセージを心よりお待ちしておりますm(_ _)m ブログのご感想やしあんへのご質問なども受け付けております!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。