年下Kさんとのクンニご奉仕【M男舐め犬】体験記(一覧)

    クンニだけの関係だった年下Kさんとの思い出を書き綴っています(飛び飛びになっている体験記をこちらのページにまとめました)。

    当ブログ、唯一の体験記です。お暇つぶしに、ごゆるりとお読みいただけたら嬉しいです。

    クローバー(サイト“防腐剤”様より)

    ♥︎クンニご奉仕初体験記♥︎
    ※「初クンニ体験」ではありません。クンニご奉仕犬として、初めてKさんに使ってもらった思い出を書き綴っています。
    ♡Kさんとの出会い、メル友に
    彼氏がクンニをしてくれない!?
    ➡︎(1)➡︎(2)
    ♡緊張しながらホテルへ
    クンニだけの関係を持つことに…
    ➡︎(3)➡︎(4)
    ♡ソファでのクンニご奉仕
    香りも味も感触も…クンニの幸せ
    ➡︎(5)➡︎(6)➡︎(7)
    ♡クンニ犬のアナルご奉仕
    アナルお掃除は舌を使って丁寧に
    ➡︎(8)
    ♡顔面騎乗クンニご奉仕
    快楽のために使われるM男の喜び
    ➡︎(9)➡︎(10)➡︎(終)

    ♣︎聖水(おしっこ)初体験記♣︎
    ※ 初めてKさんからおしっこを飲ませていただいた時の思い出です。
    ♧初めての聖水(おしっこ)
    クンニ中のおしっこはM男の口へ
    ➡︎(1)➡︎(2)➡︎(終)

    ♠︎真夏のご奉仕体験記♠︎
    ※ リクエストにお応えして、Kさんがクンニ奉仕犬を使うことに慣れた頃のご奉仕の様子を書き綴ってみました。
    ◇夏のクンニご奉仕前の前戯
    匂いフェチ・アロママッサージ
    ➡︎(序)➡︎(1)➡︎(2)
    ◇下着の上からクンニご奉仕〜
    ご奉仕は飼い主様のご指示通りに
    ➡︎(3)➡︎(4)➡︎(5)
    ◇クンニご奉仕は秘部の隅々まで
    尿道口クンニ・クリトリスの快感
    ➡︎(6)➡︎(7)➡︎(終)

    しあんへのメッセージは
    ↓↓↓
    ♥︎こちらから♥︎

    【➡︎トップページへ】

    テーマ : フェチ
    ジャンル : アダルト

    初クンニご奉仕(終)貴女の快楽のためだけに-使われる喜び-

    Sで素敵な女性の皆様、こんばんわ。
    M男のクンニ犬しあんです。

    今回で、僕の「ご奉仕クンニ初体験記」は最後となります。大変長々と書いてしまいました。当初は、こんなに長くなるとは思っていませんでした…

    ここまでお付き合いくださった方がいらっしゃるとしたら、大変嬉しく思います。

    本当にありがとうございましたm(_ _)m

    それでは、初クンニご奉仕体験記の最終回です。
    年下Kさんとのクンニご奉仕【M男舐め犬】体験記(一覧)

    ☆☆Kさんへの初クンニご奉仕(終)☆☆

    舌を突き出した僕の顔の上で、Kさんは、軽く腰を上下に動かした後、今度は、僕の顔に秘部を擦り付けるようにして、腰を前後に動かし始めました…

    僕は、それに合わせ、上方向に出していた舌を、自分のアゴの方向に伸ばし、舌のお腹が秘部に当たるようにしました。

    Kさんは、僕の髪の毛を掴むようにして頭を抑えます。そして、徐々に、腰の動きが激しくなってきました。

    んっ…あっ…んっ…

    Kさんは、僕の鼻に栗様を擦り付け、オナニーに没頭されているようでした。

    僕は、女性の性欲を包み隠さずにぶつけていただけたことに喜びを感じました。同時に、興奮し、ゾクゾクしました。

    今、僕の顔は、彼女の性欲を処理するための玩具として使われている…そう思うと、僕の興奮はさらに高まります。

    どMな僕のお腹の上で、どMな僕の息子がヨダレを垂らしながら膨張してくるのを感じました。

    口の周りだけでなく、潰れた鼻の中にも、Kさんの愛液が入り込んできます。脳に直接届く彼女の香りが、僕を一層興奮させます。

    僕もKさんの腰の動きに合わせて、夢中で舌を動かしました。ほとんど何の役にも立っていないと悟りながら…


    あんっ…あっ…あんっ…

    彼女の喘ぎ声が大きくなります。

    Kさんは、本能のまま、快感に身を任せていらっしゃいます。

    腰の動きも激しさを増し、僕の鼻はもげそうになります。

    触られてもいないのに、僕の息子は、爆発寸前です!

    ぎゅーっ

    強い力で顔に秘部が押し付けられた後、Kさんの腰の動きが止まりました。


    …イっていただけたようです。僕は何もできませんでしたが^^;

    スゴく気持ちよかったよ…

    Kさんは、僕を見下ろして、少し照れたような表情で、そうおっしゃってくださいました>_<

    疲労感と爽快感が入り混じったKさんのご表情、ほのかに紅潮したKさんのお顔を、僕は、再び拝見させていただきました。

    一日に二度も、女神様に会えました!


    どうしたの?鼻真っ赤だし、顔ベトベトだよ?笑

    Kさんは、屈託のない笑顔で、僕の顔を見下ろしながら、他人事のようにそうおっしゃいました。

    擦られて真っ赤になった鼻、愛液まみれでびちゃびちゃになった僕の顔が可笑しかったみたいです>_<

    ☆・☆・☆

    この日、Kさんは、夜遅くなる前に帰らなければなりませんでした。

    二人で時計を見ると、ホテルに入ってから既に5〜6時間が経っていました。明るいうちにホテルに入りましたが、外はすっかり暗くなっているばずです…

    このままウチに持って帰って、いつでも好きな時に使えるように置いておきたい

    Kさんが、僕にそうおっしゃってくださったのが、何より嬉しかったです…。

    ☆☆☆☆☆

    こうして、Kさんへの最初のクンニご奉仕は終わりました。

    僕は家に帰ってから、その日の出来事を思い出し、何度となくオナニーをして一人で慰めたのは、言うまでもありません>_<

    その後、Kさんとのクンニだけの関係は、1年半ほど続きました。月1程度で、二人がゆっくり時間が取れる日を調整して会っていました。

    会う回数を重ねる度に、Kさんから僕に対する遠慮はなくなり、僕もKさんの前では、M男であり、ご奉仕犬であり、変態である自分を曝け出すことができました。

    機会があれば、また、Kさんとの思い出を書かせていただきます。

    長々とお付き合いくださり、また、僕の思い出を共有してくださり、誠にありがとうございました。

    クンニ犬M男しあん

    しあんにご興味をお持ちの女性様は
    ♥︎こちらから♥︎

    メッセージお待ちしております!

    【➡︎トップページへ】

    テーマ : フェチ
    ジャンル : アダルト

    初クンニご奉仕(10)顔面騎乗クンニご奉仕の幸せ

    早速ですが、前回の続きからです!
    年下Kさんとのクンニご奉仕【M男舐め犬】体験記(一覧)

    ☆☆Kさんへの初クンニご奉仕(10)☆☆

    顔面騎乗でのクンニご奉仕の際、僕はKさんに「思いっきり顔の上に乗ってくださって結構です」とお伝えしました。

    でも、Kさんは最初、両手を前に着き、お尻を少し浮かせるような体勢だったと記憶しています。

    僕が舐めやすいように気を遣っていただき、また、僕の顔に全体重が掛からないよう、遠慮なされていたのだと思います。

    ソファでのご奉仕と同様に、まずは秘部の外側から徐々に内側へとご奉仕させていただきました。

    あ…ん…

    Kさんは、すぐに声を漏らしてくださいました。

    敏感になっていらっしゃるのか、あるいは、舐め犬である僕には全くもって気を使う必要がないと吹っ切っていただいたのか、わかりませんが、Kさんはすぐに快楽に浸ってくれています。


    続いて、時間をかけて栗様へのご奉仕をさせていただきました。

    んっ…あっ…んっ…

    頭上からKさんの感じていただいている声が聞こえてきます。それと共に、彼女の蜜壺から愛液が溢れ出てきて、僕の唇から顎のあたりを濡らします。

    僕は下から、Kさんの愛液をありがたく頂戴します…

    とめどなく溢れる愛液を、何時間でも飲ませていただきたい、そう思いました…


    奥に舌をいれて…

    僕は、Kさんからの指示に従い、精一杯、舌を突き出し、歯が当たらないように注意しながら、蜜壺の中へと挿れさせていただきます。

    もっと思いっきり突き出して…

    自分では、精一杯舌を突き出したつもりでしたが、僕の突き出し方が甘かったようで、ご注意をいただきました>_<

    僕は、改めて、舌がちぎれるくらいに突き出しました。この時も、舌がつるのではないかと思った記憶があります^^;

    Kさんも、自ら腰を深く落としてくださいました。僕の舌が、蜜壺のより奥深くに届くように…

    ソファでのご奉仕では、脚に挟まれ、横から顔を潰してもらいました。優しいKさんは、僕の顔が元に戻るよう、今度は上から顔を潰してくださいます…

    口は秘部に密着し、鼻は潰され、頬とアゴに負荷がかかります(うまく呼吸ができません!)

    そんな状況とは裏腹に、僕の興奮は高まります…悲しいM男の性です^^;

    僕は、潰れた鼻で彼女の秘部の香りと感触を、舌で彼女の中の温もりを、顔全体で彼女のお尻の柔らかさを感じることができ、苦しいながらも幸せでした。

    Kさんは、軽く腰を上下に動かした後、今度は、僕の顔に秘部を擦り付けるようにして、腰を前後に動かし始めました…

    (➡︎初クンニご奉仕(終)へ)

    しあんにご興味をお持ちの女性様は
    ♥︎こちらから♥︎

    メッセージお待ちしております!

    テーマ : フェチ
    ジャンル : アダルト

    初クンニご奉仕(9)迫り来る美しい景色-顔面騎乗クンニ-

    裏の顔をお持ちの淑女の皆様、こんばんわ^^どMなバター犬のしあんです。

    貴重なお時間を割いていただき、全くもって貴重でない僕のブログをお読みくださり、ありがとうございますm(_ _)m
    コメントやメッセージもお待ちしております…

    年下Kさんとのクンニご奉仕【M男舐め犬】体験記(一覧)

    ☆☆Kさんへの初クンニご奉仕(9)☆☆

    ベッドの上で仰向けになった僕の顔を、Kさんが見下ろしました。彼女は、立ったまま、僕の顔をまたいでくださいました。

    下から見上げたKさんのお姿には、ご主人様オーラが漂っているように見えました。この時のKさんの表情は、少し挑発的で素敵でした。そして…、見上げた先の秘部に目が釘付けになってしまいます。

    Kさんは、僕の顔をめがけて、ゆっくりと腰を落としてくださいました。徐々に、彼女の秘部が、僕の顔に迫ってきます。

    ご主人様に顔の上に座っていただく、この瞬間が大好きです。顔に迫り来る秘部は、とても美しく、とても淫靡に感じます。
    薔薇3(サイト“防腐剤”様より)

    秘部が僕の顔に付く、僅か数センチ手前で、Kさんは腰をおろすのを止めました。片方の手で、僕の頭を押さえています。

    彼女の秘部の香りが、僕の脳を刺激します…。とても興奮しました。

    ここでも僕は、彼女の指示があるまで、舐めたい気持ちをグッとこらえます。

    しゃがんだ姿勢で僕を見下ろすKさんと目が合いました。そして、少し微笑んだKさんが、おっしゃいました。

    舐めたい?

    「はいっ…」

    ふふっ、いいよ

    そのお言葉をいただいた僕は、首の力を使って少し頭を起こし、彼女の秘部に口を近づけました。それでも、秘部に舌が届くかどうか微妙な距離があります。舌を精一杯伸ばし、舐めさせていただくことにしました。


    ぺろっ(?!)

    記念すべき、顔面騎乗での最初のひと舐めは、空振りでした…。Kさんは、僕が舐めようとした、まさにその瞬間、わざと腰を少し浮かせたのです^^;

    僕の顔を見て、Kさんは、クスッと笑っていらっしゃいました。僕は、完全にKさんのオモチャです!

    でも、Mな僕は、Kさんからこのように遊ばれることに、キュンとしてしまいました…

    (➡︎初クンニご奉仕(10)へ)

    しあんにご興味をお持ちの女性様は
    ♥︎こちらから♥︎

    メッセージお待ちしております!

    テーマ : フェチ
    ジャンル : アダルト

    初クンニご奉仕(8)クンニご奉仕の合間のご奉仕

    Sっ気の強い女性の皆様、こんばんわ。Mっ気満載のしあんです。

    最近、新しいスポーツを知りました。なんでも「女性がボールを投げ、男性がそれを追っかけ、口に咥えて戻ってきて、頭を撫でてもらう」という競技らしいです。どうしたら得点が入るのか、よくわかりませんが…

    それでは、体験記の続きです。
    年下Kさんとのクンニご奉仕【M男舐め犬】体験記(一覧)

    ☆☆Kさんへの初クンニご奉仕(8)☆☆

    Kさんは、ソファからベッドの上に移動すると、床に座っている僕に向かっておっしゃいました。

    こっちも舐めたい?

    (こっち?!どっち?)

    Kさんのほうを見ると、彼女は、笑顔でいたずらっぽく、ご自分のお尻を指差していました。

    「はいっ、ご奉仕させてください」

    ありがたきお言葉です。僕なんかが、ご主人様のアナルにご奉仕させていただけるなんて…。

    Kさんは、僕が舐めやすいように、ベッドの端のほうでバックのような格好になって、こちらにお尻を向けてくださいました。

    床に座っている僕の見上げた先に、セクシーなKさんのお尻があります…彼女のとてつもなく色っぽいお尻に、僕は、一緒クラっとしたのを覚えています笑。

    僕は、床に跪き、ベッドの端に両手を置き、彼女のアナルに口を近づけます。

    目の前にあるKさんの菊の花が、とても美しく、愛おしく感じます。残念ながら、ほとんど匂いはしませんでした。

    最初は、菊の花の周りから優しく舐めさせていただきました。そして、シワの一本、一本を、舌を使って丁寧にお掃除するように舐めていきました。中央にある穴の入り口は、舌先でちろちろとご奉仕します。


    …菊の花が充分に湿り、柔らかくなってきた頃、Kさんがおっしゃいました。

    舌を中に入れてみて…

    僕は、舌先を尖らすように突き出して、アナルの中に舌を挿し入れようとしました。

    慣れない僕は、なかなか上手く、舌を中に入れることができませんでした。それでも、舌先が中に触れると、かすかな苦味とともに、舌がピリッとシビれる感覚を感じます。

    僕は、この感覚を感じる度に、ご主人様の汚れをお掃除させていただいている喜びを感じます>_<

    アナルご奉仕中、Kさんは声を出すことはありませんでした。どちらかといえば、寛いでいらっしゃるご様子でした。

    たまにこちらを振り返り、幸せそうにお尻の穴を舐める僕の顔を見て、ご満足げな表情を浮かべていらっしゃったのが、印象的です。


    …しばらくした後、Kさんから指示が出ました。

    こっちに来て仰向けに寝て

    硬く冷たい床の上から、柔らかいベッドの上へ。僕は、この日始めて、(膝小僧に軽い痛みを覚えつつ)あがらせてもらいました。

    (➡︎初クンニご奉仕(9)へ)

    しあんにご興味をお持ちの女性様は
    ♥︎こちらから♥︎

    メッセージお待ちしております!

    テーマ : フェチ
    ジャンル : アダルト

    全ブログ記事表示

    全ての記事を表示する

    ブログカテゴリ
    M男プロフィール

    しあん

    Author:しあん
    はじめまして、しあんと申します。
    当ブログにご来訪いただき、誠にありがとうございます。

    女性の言いなりになって、長時間クンニ奉仕をさせて頂くことで喜びと興奮を覚える都内在住のM男です。挿入することが目的の普通のHには全く興味がありません。女性にイジメられ、服従することにさえ、喜びを感じてしまうドMでもあります。

    女性の欲求やお仕事で溜まるストレス解消のため、クンニペット・オナニー玩具・クンニ奴隷として使っていただきたい…そう望んでいます。恋人や夫婦のような対等な関係ではなく、女尊男卑・女性上位な関係で献身的にクンニご奉仕をするのが大好きです。

    ブログを通じて、クンニ犬を使うことにご興味をお持ちの女性の方、クンニ好きでSっ気のある女性様と交流できたら幸いです^^ お気軽にコメントやメッセージを頂けたら、大変うれしく思いますm(_ _)m

    クンニ犬へのコンタクト
    クンニ好きの女性様からのメッセージを心よりお待ちしておりますm(_ _)m ブログのご感想やしあんへのご質問なども受け付けております!
    最新ブログ記事
    お好きなクンニに1票を!
    クンニはどれも好き!でも、あえてひとつを選ぶなら…
    最新コメント
    タグ

    M男 舐め犬 クンニ奉仕 愛液 おしっこ 女性の玩具 フェチ 人間便器 お掃除クンニ アナル舐め奉仕 ご夫婦カップル様 マッサージ 顔面騎乗クンニ クンニ画像 アロママッサージ 足舐め奉仕 立ちクンニ SとM 尿道口クンニ 映画 クンニアンケート 女性向け動画 

    女性向け無料動画サイト & M男さんブログなど:リンク
    総合サイトリンク
    下記サイト様より画像素材をお借りしております
    防腐剤(フリー写真素材)
    月別アーカイブ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    クンニ犬へのコンタクト
    クンニ好きの女性様からのメッセージを心よりお待ちしておりますm(_ _)m ブログのご感想やしあんへのご質問なども受け付けております!