そして、静寂の中でのクンニご奉仕へ

    早速ですが、こちら(→『アロママッサージから始まるご奉仕』)の続きをアップさせていただきます。

    ☆☆☆☆☆

    ベッドの上で仰向けになり、軽く腰を浮かせてくださったR様のティーバックを、僕は犬のように口だけを使い、ぎこちなくお脱がせしました。下着が伸びてしまわないように、慎重にゆっくりと、口に咥えたまま下へ引っ張りました。

    慣れない僕は、お尻から太ももを通過するのに少し手こずりましたが、さりげなく、R様にアシストをしていただきながら、無事に太ももを通過し、ひざ、ふくらはぎ、足首へ…。最後は、つま先からスルッと下着を抜きとることができました。

    完全に足から抜けたティーバックは、緊張感から解放され、とても小さくなっていました。その小ささと軽さは、いかに布で隠す部分が少ないセクシーな下着だったかを物語っていました…

    ☆・☆・☆

    足の裏を見られるのは、××××を見られるのより恥ずかしい

    とおっしゃっていたR様ですが、クンニご奉仕前に、僕に足舐めご奉仕をさせてくださいました。ベッドに仰向けに寝て、優雅に寛いでいらっしゃるR様の足の裏、足の指、指の間…を、僕は丁寧に舐めさせていただきました。

    …マッサージのときに、R様は、足の親指に運動によってマメができていることを僕にお伝えしてくださいました。

    その親指を舐める際には、痛くありませんか?と確認しつつ、できるだけ舌の力を抜いて優しく舐めさせていただきました。僕の舌に傷を癒す力があるとは思えませんが、「少しでも早く治りますように!」という思いを込めて…。

    足舐めご奉仕をしている間、ずっと、僕はR様の視線を感じていました。恥ずかしさから、綺麗なR様のおみ足だけを見つめ、味わうようにして舐めさせていただきました。

    自分の足を嬉しそうに、美味しそうに舐めるクンニ犬を、R様はどのような眼差しでご覧になられていたのでしょうか…。R様と目を合わせられなかった僕には確認することができませんでした…

    ☆・☆・☆

    左足の舐め奉仕が終わり、右足へ移ろうとした時でした。不意に、R様からお声がかかりました。

    しあん、おいで

    この時の僕は、期待と興奮で胸がいっぱいだったので、R様からどのように声をかけていただいたのか、あまりよく覚えていません…

    R様に呼ばれた僕は、開かれたR様の太ももの間にポジションを移しました。「ここ」こそがまさに、クンニ犬の定位置です!僕の視線の先には、露わになったR様の秘部があります…

    R様の秘部は、大切な部分を隠すアンダーヘアがほぼ皆無で、僕から丸見えでした!見慣れたアンダーヘアのある秘部もセクシーに感じますが、毛のない秘部のビジュアルがすごくエロティックで美しいと感じました…

    魅惑的なR様の秘部を拝見し、僕は、飛びついて舐めさせていただきたい!という衝動にかられます。…でも、勝手にそんなことをしてはいけません!その衝動をグッと抑えます。

    …R様がさりげなくおっしゃってくださいました。

    お風呂入ってこなかったからね

    …(!?)、昨日からですか?

    まさかっ、夜は入ったよ 笑

    ☆・☆・☆

    R様は、当日の朝、シャワーを浴びずに、僕に会ってくださっていたのです。そして、一緒に入ったホテルでも、R様は、ここまで一度もシャワーを浴びていませんでした。

    僕に会う前に、R様は、このブログを丁寧にお読みくださっていました。クンニ犬の習性はお見通しです!

    クンニ好きの男性の中には、匂いフェチの人が多い気がします。僕の場合、匂いフェチというより、ご主人様の匂いを感じたい、覚え込みたいという気持ちが強いです。飼い主様の秘部の味や匂いを少しでも感じたいというのは、クンニ犬の本能なのかもしれません…

    …僕は嬉しくて、R様の秘部に息がかかるくらいに顔を近づけ、犬のようにクンクンさせていただきました。もし僕にシッポが生えていたら、ちぎれそうな勢いで左右に振っていたはずです。

    クンクン…クンクン…(!?)

    …綺麗なR様の秘部からは、石鹸の香り?のような爽やかないい香りはしましたが、R様自身の香りは、ほとんどわかりませんでした>_<

    自分ではわからないけど、毛がないからあまり匂いがしないのかもね…

    R様はそう言って、なんとなくしょんぼりしているクンニ犬を慰めて?くださいました…

    ☆・☆・☆

    そして、いよいよ、R様への長時間にわたるクンニご奉仕の始まりです!

    クンニ犬の僕は、R様にご奉仕させていただく喜びを噛みしめながら、改めてゆっくりとR様の秘部に顔を近づけます…

    ぺろっと舐めさせていただく寸前、僕の鼻先は、R様の秘部に触れてしまうくらいに近づきました。…すると、爽やかな香りの向こう側に、かすかにR様自身の色っぽい香りを感じることができました!

    R様の秘部を舐めさせていただく喜びとその香りを感じ取れた嬉しさから、舐め始めた直後の僕は、無意識のうちに、自分の舌に力が入っていることに気が付きました。

    クンニ犬は、嬉しさのあまり、ベロベロ舐めてしまってはいけませんっ!クンニ犬は、女性様に気持ちよくなっていただくため、少しでも長くクンニを楽しんでいただくために存在します…

    …ハッと我に返った僕は、冷静さを取り戻し、すぐに、意識的に舌の力を抜くよう心掛けました。それと同時に、ふと、静寂に包まれた室内の空気を感じました。

    そういえば、今まで、クンニご奉仕前のマッサージの時、有線のヒーリングミュージックなどをかけていることが多かったです。クンニご奉仕に移った直後も、そのまま音楽が流れていました…。でも、今回は違います。

    静まり返った室内で、僕は五感を研ぎ澄まし、R様を感じながら、R様に気持ちよくなっていただきたい一心で、クンニご奉仕に集中しました…

    クンニ犬しあんへのメッセージは
    ↓↓↓
    ♡こちらから♡

    関連記事
    全ブログ記事表示

    全ての記事を表示する

    ブログカテゴリ
    M男プロフィール

    しあん

    Author:しあん
    はじめまして、しあんと申します。
    当ブログにご来訪いただき、誠にありがとうございます。

    女性の言いなりになって、長時間クンニ奉仕をさせて頂くことで喜びと興奮を覚える都内在住のM男です。挿入することが目的の普通のHには全く興味がありません。女性にイジメられ、服従することにさえ、喜びを感じてしまうドMでもあります。

    女性の欲求やお仕事で溜まるストレス解消のため、クンニペット・オナニー玩具・クンニ奴隷として使っていただきたい…そう望んでいます。恋人や夫婦のような対等な関係ではなく、女尊男卑・女性上位な関係で献身的にクンニご奉仕をするのが大好きです。

    ブログを通じて、クンニ犬を使うことにご興味をお持ちの女性の方、クンニ好きでSっ気のある女性様と交流できたら幸いです^^ お気軽にコメントやメッセージを頂けたら、大変うれしく思いますm(_ _)m

    クンニ犬へのコンタクト
    クンニ好きの女性様からのメッセージを心よりお待ちしておりますm(_ _)m ブログのご感想やしあんへのご質問なども受け付けております!
    最新ブログ記事
    お好きなクンニに1票を!
    クンニはどれも好き!でも、あえてひとつを選ぶなら…
    最新コメント
    タグ

    M男 舐め犬 クンニ奉仕 愛液 おしっこ 女性の玩具 フェチ 人間便器 お掃除クンニ アナル舐め奉仕 ご夫婦カップル様 マッサージ 顔面騎乗クンニ クンニ画像 アロママッサージ 足舐め奉仕 立ちクンニ SとM 尿道口クンニ 映画 クンニアンケート 女性向け動画 

    女性向け無料動画サイト & M男さんブログなど:リンク
    総合サイトリンク
    下記サイト様より画像素材をお借りしております
    防腐剤(フリー写真素材)
    月別アーカイブ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    クンニ犬へのコンタクト
    クンニ好きの女性様からのメッセージを心よりお待ちしておりますm(_ _)m ブログのご感想やしあんへのご質問なども受け付けております!